新日本人の起源―神話からDNA科学へ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784585054214
  • NDC分類 469.91

内容説明

既成概念の壁を打ち砕くDNA科学による最新日本人起源論!Y染色体・ミトコンドリアDNA分析によって根底から刷新された日本人のルーツ。日本列島における多様なDNA・文化・言語の成立史を最先端科学によって解明。分子生物学・考古学・言語学が密に統合され鮮やかに描かれる新たな日本人・日本文化理解。既成概念という神話からDNA科学への知のパラダイムシフトを強力に押し進める待望の書。

目次

第1章 日本列島ヒト集団のDNA多様性(単系統説;北ルート系集団南下説;ハプログループ多源論)
第2章 日本列島に流入した多様な文化(日本列島多民族共存論;日本列島文化複数起源論;多文化共生モデル)
第3章 日本列島における言語の多様性(多言語共存論;言語学的普遍主義;言語多元主義)
第4章 多様性の認識(DNA多様性の認識;文化多様性の認識;言語多様性の認識)

著者紹介

崎谷満[サキタニミツル]
CCC研究所所長。1954年生。京都大学大学院医学研究科博士課程修了、京都大学博士(医学)。専門は分子生物学、血液学、ウイルス発癌(成人T細胞白血病ウイルス研究)。長崎大学、京都大学での研究を経て、1997年にCCC研究所を設立、所長に就任。その後は、分子生物学(DNA多型分析)がもたらすヒト集団の成立史の客観的分析を中心において、文化・言語の多様性の成立に関する科学的解明に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)