山彦

個数:

山彦

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月30日 08時50分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 253,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784585054047
  • NDC分類 914.6

内容説明

日本中世史研究の業績で知られ、戦前、東京帝国大学史学科教授として多くの俊秀を育てた平泉澄。戦後の恬淡とした境地をつたえる、その嘉言に満ちた珠玉のエッセイに若干の注を加えた、読みやすい不朽の名著。

目次

歴史の忘却
歴史を恐れよ
積習
流風
鉄は赤いうちに

峠に立つ
よりどころ
自立
不屈の精神〔ほか〕

著者紹介

平泉澄[ヒライズミキヨシ]
明治28年(1895)2月福井県(現勝山市)平泉寺に生まる。大正7年(1918)東京帝国大学国史学科卒業(卒業生総代)。同12年同大学文学部講師。同15年文学博士、助教授。昭和5年(1930)から一年半近く欧州留学。同10年教授(国史学科主任)。同20年辞職して帰郷。戦後も日本学の研究と著作の普及に尽力。昭和59年2月18日帰幽(満八十九歳)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)