決闘の話

個数:

決闘の話

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 226p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784585053620
  • NDC分類 230
  • Cコード C0022

内容説明

フェアプレーの精神にのっとり、一対一で殺し合う。人はなぜ、そのような行為をするのか。決闘にまつわる話ほどまったく愚かで、面白い話柄はあるまい。と同時にこれほどまでに人間の心理と行動の背反した真実をつきつける話もすくないようだ。現代社会では決闘の風習はなくなっているが、その結果、人間社会に何が行われるようになったのかを見つめておくことも必要だろう。人間心理の深奥を垣間見せるヨーロッパの決闘史をひもとく。

目次

序章 決闘というもの
決闘の作法
決闘の歴史
イタリア・スペインの決闘
フランスの決闘
イギリス・アイルランドの決闘
ドイツ・東欧・北欧の決闘
ロシアの決闘
アメリカの決闘
文士の決闘
女の決闘・異例の決闘
終章 闘いの果て

著者等紹介

藤野幸雄[フジノユキオ]
愛知学院大学客員教授、図書館情報大学名誉教授。専門は図書館史、出版文化史。1931年、群馬県に生まれる。東京外国語大学ロシア語科卒業、カリフォルニア大学(UCLA)大学院に留学。図書館情報大学教授、同副学長、東京農業大学教授を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。