シリーズ・図書館情報学のフロンティア<br> 図書館情報専門職のあり方とその養成

個数:

シリーズ・図書館情報学のフロンティア
図書館情報専門職のあり方とその養成

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月30日 10時31分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 250p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784585002895
  • NDC分類 010.7

内容説明

先進諸国での図書館員のステータスは高い。日本では図書館法の施行後、制度的変革がなされず、図書館員の養成が十分に機能しているとは言いがたい。問題の本質を解決するためには抜本的な制度改革が不可欠である。日本図書館情報学会による「LIPERプロジェクト」の成果をふまえ、図書館情報専門職のこれからを考える。

目次

第1部 図書館情報学教育の今日的課題(図書館員養成と大学教育―研究と現場の関係を踏まえながら;図書館情報学教育の再構築―LIPERから;公共図書館職員養成における課題と視座―LIPER公共図書館班の成果をもとに ほか)
第2部 専門職制に関する動向(図書館専門職論の理論的系譜;公共図書館職員の専門性向上と日本図書館協会;医学図書館の動向 ほか)
第3部 情報専門職養成の現状(司書課程における専門職養成の現状と課題;図書館情報学専門教育と図書館員の現職者教育;KALIPERその後―米国における図書館情報学教育の動向 ほか)