戦国武将の家紋の真実―完全保存版

個数:

戦国武将の家紋の真実―完全保存版

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 105p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784584166406
  • NDC分類 288.6
  • Cコード C0021

内容説明

織田信長の「織田木瓜」、豊臣秀吉の「太閤桐」、徳川家康の「三つ葉葵」、伊達政宗の「竹に雀」…。武将たちは自らの家の象徴として「家紋」を作りその旗印の下に命を賭して戦い続けた。戦国武将が己の誇りを込めた「家紋」の真実を追う。

目次

第1章 戦国最大の合戦は家紋・旗印の数も最多!徳川家康、石田三成、大谷吉継ら、名将の家紋・旗印がひしめく―関ヶ原合戦図屏風を家紋で読み解く
第2章 織田木瓜はどこからきたのか?織田蝶は平家由来の揚羽蝶なのか?長篠合戦図屏風に描かれた菊紋の謎とは?―信長の家紋の謎
第3章 独自の桐紋の主な意匠は4つ!自作に創作し多くの家臣に与えた謎を解く―太閤桐に隠された秀吉の戦略とは何か
第4章 徳川家と一門親藩だけが使用を許された絶対紋の謎に迫る―家康はなぜ「三つ葉葵」にこだわったのか?
第5章 平安貴族が使い始めた家紋は戦国、江戸時代を経て庶民にも拡大!―家紋の起源と歴史を辿る
第6章 源氏、平氏、藤原氏、橘氏「四大姓」の紋はいかにして生まれ、戦国大名に引き継がれていったのか?―「源平藤橘」の家紋の系譜
第7章 伊達政宗の「竹に雀」、武田信玄の「武田菱」、毛利元就の「長門三つ星」…戦国の武将たちが家紋にこめた想いとは?―戦国武将12人の家紋に込められた謎
第8章 賎ヶ岳合戦、桶狭間合戦、今山の戦い、小田原合戦、大坂夏の陣家紋をめぐって戦った武将たちの謎―戦国の合戦を家紋で読み解く
第9章 いつ出来たのか?家紋の意味は?全国人気武将の家紋を完全解読!―戦国武将の家紋・旗印大図鑑70
特別企画 寄親寄子制度とは?軍奉行って何するの?身分による当世具足の違いとは?―戦国の軍団組織の謎に迫る