日本人は豚になる―三島由紀夫の予言

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり

日本人は豚になる―三島由紀夫の予言

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2021年10月23日 21時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 224p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584139738
  • NDC分類 304
  • Cコード C0095

出版社内容情報

来る2020年11月25日は、三島由紀夫が自衛隊市ヶ谷駐屯地に乱入し割腹自殺を遂げてから50周年を迎える。これまで作家適菜収氏が三島由紀夫を研究し、三島の言葉の意味するところを「三島の予言」として世に問う一冊。三島は自決の4カ月前に語っている。「このまま行ったら日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜け目がない、或る経済大国が極東の一角に残るであろう」、そして「人間というのは豚になる傾向もっている」と。そんな国家や社会や人までもが道徳や倫理観を失い、信用さえできなくなった時代に、日本人はどこへ行こうとしているのか? われわれは今後どんな価値観を取り戻して、堂々と生きるべきなのか? 三島が予言した言葉とその意味を探った適菜収の三島由紀夫本の集大成であり、現代日本の病を克服する処方箋に満ちた書。

内容説明

保守主義者が右翼に転じたり、右翼が保守主義者になることは理論的にはありえる。しかし、右翼であるのと同時に保守であることはありえない。左翼であるのと同時に保守であることがありえないのと同じように。保守と右翼は水と油だが、一方、左翼と右翼の親和性は高い。右翼や左翼がともに理想主義であるのに対し、保守は反理想主義であるからだ。

目次

はじめに わが友 三島由紀夫
第1章 三島由紀夫の予言(右翼と保守の違い;ハプスブルク家と死者の声 ほか)
第2章 バカとは何か?(“サムラヒ”は死んだのか?;無知と無恥 ほか)
第3章 死に方と生き方(自殺について;死のクオリティー ほか)
第4章 キリスト教と民族の神(「道徳的世界秩序」という呪文;福田恆存と折口信夫 ほか)
第5章 皇室と憲法(保守主義者であるということ;新宿騒乱と治安出動 ほか)
おわりに 日本人は豚になる

著者等紹介

適菜収[テキナオサム]
1975年山梨県生まれ。作家。作詞家。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Eiki Natori

4
「日本人は豚になった。 精神の豚が精神の豚を担ぎ上げ、一日一日ダメになった。」 保守主義の観点から右と左の欺瞞を批判する適菜氏の新刊。 「安保法制の本質は、時の政権がルールを変えたということである。」と一言で的確に指摘し、ネトウヨ言説や「九条を守れ」というお門違いのコメントを批判。 一番面白かった(実際に起こったから笑えないのかもしれないが)のは、西部邁に「いつ死ぬんですか?」と聞いたら、西部さんがニコニコしていたくだりと、三島が楯の会の制服を西武百貨店に注文した際、楯の会について「作品」と言っていたこと2021/04/24

アサヒィスーパードラウィ

2
保守主義とは一体なにか?近代を読み飛ばしてしまった結果、日本は理想を掲げ、それを掲げ続けることが良しという国になってしまった。 お陰で理想的な言葉を武器に様々なクレーマーが噴出し、その全てに対応しようとする、社会や政治。どこか行き過ぎて狂気すら漂っているこの国は現在に至るまで何が起こってきたのか。 三島由紀夫という知の最高傑物を通して見えてくる、精神、主義主張、日本のバックボーンの欺瞞について説いてゆく。「モノを考える姿勢」は、どうあるべきなのか、何かこの国は生きづらいと感じる人に進める処方箋的書籍2021/02/17

イタリア語

2
どうすれば豚にならないか。精神を絶えず緊張させていられるか。それは本を、それもなるべく良い本を読み続けていくことでしか凡人はそうしていられない気がする。三島の、どうしようもない現実を冷静に見つめ、ヒリヒリするような緊張感と切迫さを感じられるような文章を、読みたいと思った。全集マジで買おうかな。

ハナっぺ

1
作者を知らず表紙で読んだ。考えが近い人(勝手に)でイラつくことなく読めて良かった。最近では隠れネトウヨみたいな作者がいるからな。現在では天皇こそリベラルとか言われ、真子さんの結婚に反対、女系天皇反対、PCR反対、コロナは風邪、トランプ派、反韓反中、親アベ、街宣車って何、等々、真の右翼とは保守とは、よくわからない時代になっている。そんな時代に三島の言葉を引用し保守とはなにか思想とは何か考える。かつては極右も極左も保守も自らを語る高いインテリジェンスを持っていたいうことは言えるだろう。2021/10/22

残心

1
この著者の本は苦手です。おそらく頭が良く、知識も豊富なのでしょうけど、どうしてもその文章に馴染めません。ななめ読みあしからず。 それでもまたいつか、この著者の本にチャレンジするつもり。2021/02/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16839163

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。