「安倍晋三」大研究

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

「安倍晋三」大研究

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月25日 19時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 335p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584139059
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

憲政史上最長が見えてきた安倍政権。「初めての憲法改正の実現」を掲げる政治家・安倍晋三が考える「美しい日本」とは? 東京新聞記者・望月衣塑子氏が安倍政権を通して、日本の歴史と未来を考える!

内容説明

「初の憲法改正」を目指す政治家・安倍晋三とは?誕生から第一次内閣辞任までを、知られざるエピソードと事件満載のまんがで紹介。また思想家・内田樹氏と、安倍政権の強さの秘密である「安倍マイレージ・システム」と日本の政治を激論!いま知っておきたい日本の政治の歴史と未来―。

目次

第1章 まんが・安倍晋三物語―誕生から、第一次安倍内閣総理大臣辞任まで
Interview 政治ジャーナリスト野上忠興氏に訊く!「安倍晋三とは何者なのか?」
第2章 最強首相・安倍晋三を考える―安倍話法と安倍史観
Interview 元文科省事務次官・前川喜平氏に訊く!読売新聞報道の舞台裏
Interview 『アクセスジャーナル』編集長・山岡俊介氏に訊く!「昭恵夫人も語る、安倍邸放火未遂事件の真相」とは?
第3章 民主主義と安倍政権―思想家・内田樹氏に訊く!「安倍晋三はなぜ、“嘘”をつくのか?」
Special Interview 元森友学園理事長・籠池泰典&諄子夫妻に訊く!「いまだから、話せること」

著者等紹介

望月衣塑子[モチズキイソコ]
東京新聞記者。1975年、東京都出身。慶應義塾大学法学部卒。千葉、埼玉など各県警担当、東京地検特捜部担当を歴任。2004年、日本歯科医師連盟のヤミ献金疑惑の一連の事実をスクープし自民党と医療業界の利権構造を暴く。社会部でセクハラ問題、武器輸出、軍学共同、森友・加計問題などを取材

佐々木芳郎[ササキヨシロウ]
写真家・編集者。1959年生まれ。関西大学商学部中退。在学中に独立。元日本写真家協会会員。梅田コマ劇場専属カメラマンを皮切りに、マガジンハウス特約カメラマン、『FRIDAY』(講談社)専属契約、『週刊文春』(文藝春秋社)特派写真記者、『Emma』(前同)専属契約を経て、現在は米朝事務所専属カメラマン。アイドルからローマ法王までの人物撮影取材や書籍・雑誌の企画・編集・執筆・撮影をしている

ぼうごなつこ[ボウゴナツコ]
漫画家。1974年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Isamash

27
望月衣塑子・東京新聞記者と写真家・佐々木芳朗による2019年発行の著作。思想家・内田樹氏へのインタビューは勉強になった。国会の空洞化が行政により仕掛けられ、私学も含め教授会から決定権が剥奪され、学校における道徳の教科化等が進行中らしい。無知だったが、日本の将来に危惧覚えた。民主主義が機能するにはみんなが同じくらい不満足な解を目指す技術を要すると述べていて成る程と感服。官僚も企業人もマスコミも短期的利益求め長期的利益がおざなり。安倍晋三のありようが、そんな日本の社会構造にジャストフィットしているとしていた。2022/02/02

カープ坊や

23
アベ晋三 政治家としてはもちろん! 人間としても屑の極みっぷりを“ぼうごなつこ”さんの漫画と“内田樹”さんとの対談で解りやすく解説!!! アベ晋三事務所がヤクザ屋さんに対立候補の選挙妨害を依頼したのに報酬をケチったせいで怒ったヤクザ屋さんがアベ晋三邸に火炎瓶を投げ込んだ事件『#ケチって火炎瓶』の顛末も記しているのはナイスです!!!2019/07/04

黒頭巾ちゃん

10
▼前半の漫画で安倍晋三のパーソナリティーがわかります。祖父の岸信介の言動は正しかったことを証明したいだけ。友達のみ大事にする▼内田樹さんとの対談は面白い。合意形成→みんなの不満を一定にすること。官僚は、無意味耐性が高くて、ポイント稼ぎをして出世したいから、信賞必罰の安倍に忖度する。ボタンを押せば偉くなるからボタンを押すだけ。マスコミは裏情報があるのに報道しないのは情報源を失いたくなく、一般民より上でいたいから。2019/06/05

shun( 早瀬俊)

7
「人柄が信用できないから」安倍晋三を評価しない人間のほとんどはこういう。その人柄とは、勉強嫌いで宿題は人にやらせても平気。今は黙って原稿を書いてくれる官僚がいるからよし。自分の気に食わない人間は、どんな汚い手を使っても落としいれる。選挙妨害やフェイクニュースを流してでも。このような人間は何処にでも存在する。けれども、そのような人間が成功した例は実は少ないのではないかと信じたい。何故このような人間が国のトップになれるのか。それは持ち前の家柄と運の良さと、それを許す周囲の小汚い人間達と私達国民の存在だ。2019/06/25

tellme0112

6
映画新聞記者を見た後で。2019/07/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13491836

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。