福島のことなんて、誰もしらねぇじゃねえかよ!

個数:

福島のことなんて、誰もしらねぇじゃねえかよ!

  • ウェブストアに41冊在庫がございます。(2019年03月20日 10時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 181p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584138946
  • NDC分類 302.126
  • Cコード C0036

内容説明

笑える福島と遊ばないか!福島に20回、楽しい社会科見学に行った結果、わかったコト。

目次

第1章 ぼくが福島に魅せられたワケ
第2章 福島は大丈夫!安全だ!
第3章 福島ってどんなとこ?基礎知識を知る!
第4章 カンニング竹山と行く!福島社会科見学Vol.1
第5章 原発ってぶっちゃけ、今どうなってるの?
第6章 カンニング竹山と行く!福島社会科見学Vol.2
第7章 福島の人ってなんかいい!あったかい!
第8章 報道にキレる!風評被害に怒り!竹山がメディアに言いたいコト!
第9章 「探偵ナイトスクープ」のご縁で実現 ×西田敏行“福島対談”

著者等紹介

カンニング竹山[カンニングタケヤマ]
1971年4月2日生まれ。福岡県出身。1992年小学校の同級生の中島忠幸とお笑いユニット「カンニング」を結成。2004年6月日本テレビ「エンタの神様」に初出演。2006年12月相方の中島氏が死去後、芸名に「カンニング」を付けて活動開始(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

福島を「フクシマ」と呼ぶな!

福島はいま、楽しい街になっている!!



2011年の東日本大震災が起こった直後から、カンニング竹山さんはプライベートで福島に現地入りし、相馬市長と懇意になったり、たくさんの被災者と話も交わしている。東電第一原発にも実際に中に入った。

当時から現在までプライベートで現地入りは20回を数え、世間で知られている「福島」と、竹山さんが見て聞いた「福島」は大きな違いがあるという。

本書は竹山さんの目を通した“率直”な福島をあぶり出していく。