時代への警告<br> もう、きみには頼まない―安倍晋三への退場勧告 時代への警告

個数:
電子版価格 ¥1,404
  • 電書あり

時代への警告
もう、きみには頼まない―安倍晋三への退場勧告 時代への警告

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年02月24日 08時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584138915
  • NDC分類 304
  • Cコード C0031

内容説明

『新潮45』廃刊をめぐる騒動の中、その原因をつくった文芸評論家を自称する小太りの男(五一歳)の正体が次々と明らかになり、瞬く間に表舞台から消えていった。彼と一緒に「活動」していた安倍応援団の仲間たちは、我先にと逃走。ゴキブリは逃げ足が速い。問題は、こうした連中に小遣いを与えている勢力だろう。日本社会の病の根はつながっている。「時代への警告」シリーズ第四弾にあたる本書では、主に出版業界のモラルの低下をとり上げた。また、ジャーナリストの菅野完氏との対談では、「安倍化する日本、橋下化する社会」と題して、現在の日本の末期症状を描写した。最後に安倍晋三にひとこと言っておきたい。もう、いいよ。

目次

第1章 『新潮45』廃刊をめぐる考察(杉田原稿の余波;便所の落書きは消すもの ほか)
第2章 安倍化する日本、橋下化する社会(横山ノックの深慮遠謀;プロパガンダの力 ほか)
第3章 没落する時代に読むべき本(中野剛志『日本の没落』;西部邁『思想の英雄たち』 ほか)
第4章 もう、きみには頼まない(政治家は主張より人格、物書きは人格より主張;豊かな精神を得るのに五世紀はかかる ほか)
第5章 粗にして野だが卑でしかない(ホラ吹きに世界一フレンドリーな国;デマゴーグや嘘つきとは戦え ほか)

著者等紹介

適菜収[テキナオサム]
1975年山梨県生まれ。作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「粗にして野だが卑でしかない」総理・安倍晋三は日本社会を壊しすぎた。その内実とは? ジャーナリスト菅野完氏と緊急対談も所収。森友問題をスクープし、安倍政権を揺るがすきっかけをつくり、また『日本会議の研究』でベストセラーを出した希代のジャーナリスト菅野完氏と適菜収氏との緊急初対談を所収。
「安倍化する日本、橋下化する社会」とは何か? ?、虚偽にまみれ、歴史や伝統を踏みにじり、弱者を切り捨て、強者ばかりが得する新自由主義的な国家や社会の在り方に鋭く疑義を呈し、舌鋒鋭く立ち向かう作家適菜収氏の集大成。
さらにそんな国家や社会や人までも信用できなくなった時代に、どんな価値基準をもって堂々と生きるべきかを説いた、現代日本の病を克服する処方箋に満ちた書。

序章 ●予言されていた「日本の没落」

第一章●世界史を学べば「日本の今」が分かる

第二章●菅野完×適菜収 緊急対談「安倍化する日本、橋下化する社会」

第三章●保守でもなんでもない安倍晋三に憲法を触らせるな

第四章●日本の夜は当分明けぬ

終章 ●西部邁さんとの思い出

適菜 収[テキナオサム]
著・文・その他