闘え!高専ロボコン―ロボットにかける青春

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

闘え!高専ロボコン―ロボットにかける青春

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月24日 02時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 260p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584138137
  • NDC分類 548.3
  • Cコード C0053

出版社内容情報

祝・ロボコン30周年!
全国の高専生が燃えるロボコンの青春ドキュメント。
2016年大会の熱戦の舞台裏から、2017年度に向けた取り組みまで。
彼らをロボットづくりにかきたてるものとは?

ロボットづくりの中での困難や葛藤を抱えながらも、
夢見たアイデアを実現させていくまでの努力の過程と、喜びや挫折を描く。

さらに、『シブすぎ技術に男泣き!』の漫画家、
見ル野栄司さんのイラストによるロボット解説も。

〔主な取材校:香川高専/奈良高専/小山高専/産技高専(荒川)〕

ロボコンの生みの親・森政弘氏や「ロボコン先生」故・下山大氏への豪華インタビューも収録。ロボコン誕生秘話に迫る。

30年の時を経て、ロボコンとロボコニスト達は
これからどう進化していくのか?
必読の一冊!

【特別付録 ロボコン年鑑】
これまでの30年の各対戦と「迷ロボット&名ロボット」を紹介する!
(明石高専・恐怖の人間糸車/大分高専・スプレもん/奈良高専・StarKing他)

内容説明

祝30th。覚えてる?初めてスイッチを入れた時のこと。「動いてくれ!」と祈ったあの日。

目次

第1章 製作期間―試行錯誤の連続
第2章 地区大会(関東甲信越地区)―立ちはだかる「海」
第3章 地区大会(四国地区)―一強時代の終わり
第4章 全国大会―新たな王者の誕生
第5章 30回大会へ向けて―飛躍と雪辱を期す学生たち
付録 高専ロボコン30回記念ロボコン年鑑

著者等紹介

萱原正嗣[カヤハラマサツグ]
1976年大阪生まれの神奈川育ち。京都大学法学部卒。NTT西日本、日本HPでの勤務を経てフリーランスのライター・編集者に。人物ルポから人文・歴史、社会科学、自然科学まで幅広いテーマを取材・執筆。理系ライター集団「チーム・パスカル」所属

見ル野栄司[ミルノエイジ]
理工系漫画家。半導体製造装置やゲーム筐体会社に10年勤務した後に、漫画家としてデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

幹事検定1級

30
学生時代に友人が高専ロボコンに打ち込んでいたことを20数年ぶりに思い出しました。全国大会を勝ち抜くには大変な努力や技術伝承が必要なことを遅まきながら気付かされました。既成概念にとらわれないユニークな発想が大きく評価されることも学生たちの魅力の一つなのでしょう。ものづくり大国日本を継承させていくためにもこのような取り組みは是非継続させていただきたいですね。(図書館本)2017/11/14

連鎖堂

8
面白い。中年も深まって昔より涙もろく、高専生とロボットが頑張るノンフィクションに、泣きそうになりました。こんな奴らに勝てるのかという畏怖とか、負けないはずの試合を落とす慢心とか、本番前の緊張とか、部は違えど、懐かしい。▼国技館には「ロボコンの魔物」が棲むという。「試合で初めてのトラブルに見舞われて胃が溶けそうでした」。ロボットや作戦の工夫も興味深い。1年間を追う構成で、徐々にロボットの完成度も読み手の気持ちも高まるのもいい。私はある逆転に、本当に落涙しそうになったのでした。2020/03/29

yuki

8
2016年の高専ロボコンが舞台。関東甲信越、四国、全国の三つの大会に絞られているのが少し残念。また、ロボコンものの本は何冊か読んだことがあるけれど共通して感じるのは、機構や試合展開の分かりにくさ。これはもう本という媒体が向いてないとしか言えないけれど。ほとんど説明なくロジャーアームが出てくるところからもファン向けで、テレビ放送は見たという前提で舞台の裏側を楽しもうというコンセプトか。それから、機構に関する話ばかりで、制御回路やプログラムの話がまったくないのも個人的には不満。2017/10/15

Tomoshibiฅ^•ﻌ•^ฅ

7
先日、ロボコン部に入部して、せっかくなので読んでみた。勉強のためにも。ロボコンの歴史や強豪校、アイデアなどいろいろ知れて良かった。今年のルール発表はもうすぐ。少しでもチームの力になれるように頑張りたい2021/04/22

kokekko

5
面白かった! ロボコンの世界のことなんて全く知らないのに、白熱のバトルの様子を想像して手に汗にぎった。写真は小さいし、内輪のために書かれているような部分もあるけれど、それでも知らない世界を十分に紹介してくれるルポ本だった。ものつくりの魅力ってすごいな。2021/03/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12271047

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。