野球ノートに書いた甲子園〈5〉

個数:

野球ノートに書いた甲子園〈5〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月20日 18時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584138090
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0075

出版社内容情報

甲子園を目指す高校球児達の思いが綴られる野球ノート。 そこには、普段目にすることができない知られざるドラマがある―。2013年に刊行され、圧倒的な支持を得るシリーズの第5弾が発売。登場校は栄心、報徳、作新、八王子、大濠、北海の6校。

内容説明

そのチームには「言葉」で綴ったドラマがあった。心の内をさらけ出し、怒り、涙し、そして喜んだ―球児たちの熱き思い。

目次

1 作新学院高校(栃木県)―甲子園覇者が武器にした言葉の力 「作新学院の2番」の重責
2 報徳学園高校(兵庫県)―大エースの再起と全員野球のために 唯一無二の「交換日記」
3 英心高校(三重県)―野球ノートがめくった歴史の1ページ 大敗と通信制高校の挑戦
4 八王子高校(東京都)―ありんこ軍団が貫くオリジナル野球 欠かせない「考える」野球ノート
5 福岡大学附属大濠高校(福岡県)―主将に胴上げを 監督と綴る「交換野球日記」
6 北海高校(北海道)―一喜一憂しないチームの礎 準優勝を導いた「野球ノート」

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

るっぴ

28
母校が取り上げられている事を知り、書店にdashして購入。春は奇跡的に甲子園出場、夏は甲子園まであと一勝で敗退、久々に盛り上がった夏も、個人的に不完全燃焼。でも、こうやって本に、取り上げて頂いた事に感謝。先日BS朝日のザドキュメンタリーに硬式野球部と共に吹奏楽部が取り上げられていた事にも感謝。最近弱小野球部だった母校の活躍に盛り上がって、卒業生も楽しませて頂きました。現役野球部の生徒に感謝。本作品の内容に感動。また、甲子園出場の日が楽しみ。また、U18代表に二人も選出されている。活躍を期待。 2017/08/26

まさし

0
英心高校のマネージャーすごい。よく選手たちのこと見てる。北海高校のノートはコンセプトがとてもいい。うちのチームでもやってみようかな?福岡大大濠の学生コーチは本当に高校生なのかと思うくらい、しっかりした考えを持っている。あんな高校生をどうやったら育てられるのだろう⁈2018/02/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12164930

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。