イェール+東大、国立医学部に2人息子を合格させた母が考える 究極の育て方

個数:
電子版価格 ¥1,375
  • 電書あり

イェール+東大、国立医学部に2人息子を合格させた母が考える 究極の育て方

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月05日 01時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584137864
  • NDC分類 379.9
  • Cコード C0037

出版社内容情報

2人息子がイエール×東大+国立医学部合格!わが子をエリートに育てた母による、子育て論。受験だけではない、生きる力を育てる。

内容説明

今、日本人が知るべき育て方!わが子を日米の最難関校に合格させた話題の母、初の著書。そのオリジナルメソッドを1冊にまとめました!

目次

1 グローバルコミュニケーション力の育て方(一生モノの「三つの基本」を教える;言葉にする、言葉にさせる;親が自己肯定感を高めてあげる;家庭で思い切り話をさせる;ゼロから「何か」を生み出させる;「習い事」は幅広く用意する;「グローバル」の前にまず日本を知る)
2 世界に通用する英語力の育て方(赤ちゃんの頃から耳を鍛える;英語のシャワーを浴びせていく;「シャドーイング」をトコトンやる;「尊敬できる」教科書に出会う;プレゼン、ディベート技術を磨く;高校海外留学のすすめ)
3 親子で、家庭で、一緒にできる勉強法(机ではなくリビングで勉強する;家の中に勉強の「仕組み」をつくる;家の外にも勉強の「仕組み」をつくる)

著者等紹介

小成富貴子[コナリフキコ]
上智大学卒業。在学時スペインに1年間留学。クリニック経営やスペイン文化発信など複数の仕事を掛け持つ「働く母」。長男をイェール+東大という日米の最難関大学、次男を難関国立大学医学部に送り込む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

YJ

5
2人とも高校で1年間留学。それなりの経済力が要るなと思った。発信型のコミュニケーション力、人に伝えるための説明力、自己肯定感。過去問もみんなで解いてみる。2017/06/25

まんまる

3
勉強させよう!という親からの押し付けは一切感じさせない、遊びからのつながりで楽しく学習に結びつけるのが上手な著者。説明上手に育てる経験談が参考になります。2019/06/14

ポメット

2
充分教育ママだと思ったのだけど…笑 読んでて疲れてしまった…とてもできなそう、、2019/12/18

かになお

2
親も夫も医者、自身も高学歴なセレブママ。お嬢サマというかぶっ飛んだ感じの人でした。あくまでも一例で真似してもうまくいくかはわかりません(むしろ期待外れになる可能性が高い?)が実践してみても良いかなと思うこともありました。長男くんは努力型の秀才ですが、次男くんは天真爛漫な普通の子だと思います(2浪とは苦労しましたね)2017/10/06

betty

2
表紙の裏に、子どもの才能を伸ばすことは母親にしかできない! とある。批判覚悟の言葉なのでしょうけれども、「母親のような存在」と置き換えても良いのかもしれない。母親である筆者は、よく褒めてくれる母親に育てられた。これがまず大前提。自己肯定感の強い母親が子育てをしたら、こうなった(うまくいった)。とも言える。内容は、とても参考になる。いま現在子育てをしているお母様よりも、これから母親になる女性が読む本かもしれない。2017/08/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11615326

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。