韓国左派の陰謀と北朝鮮の擾乱

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584137840
  • NDC分類 302.21
  • Cコード C0030

出版社内容情報

金泳三政権の軍部粛清により禁固刑に。韓国インテリジェンスの第一人者が朴政権の混乱にもみられる韓国の病理を指摘。

内容説明

親北朝鮮政権誕生で、第2次朝鮮戦争勃発の可能性も!?アメリカ、中国の動向は、そして日本は…金正男暗殺で、世界の歯車が動き出す。激動する朝鮮半島情勢を日韓インテリジェンスの第一人者が分析!その日本への影響とは…「赤化統一」で韓国消滅!?

目次

緊急対談 佐藤優×高永〓(テツ)
第1章 なぜ金正恩は金正男を殺したのか
第2章 朝鮮半島有事に備えたインテリジェンス連帯
第3章 日本に憧れを抱いた韓国海軍将校
第4章 歴代韓国大統領の悲惨な末路
第5章 赤化統一を企む韓国左派の正体
第6章 北朝鮮崩壊の可能性

著者等紹介

高永〓[コウヨンチョル]
拓殖大学客員研究員、韓国統一振興院専任教授、元韓国国防総省北朝鮮分析官。1953年、韓国全羅南道に生まれる。1975年韓国朝鮮大学卒業(奨学生)、同年海軍将校任官、海軍大学卒業(正規18期)。駆逐艦作戦官を経て第2艦隊特海高速艇隊長、済州道防衛司令部情報参謀、海軍士官学本部隊長、国立海洋大学・海軍教育団(ROTC)教官・副団長を歴任。1989年からは、国防総省北朝鮮分析官(専門委員)、同日本担当官(防衛交流)を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kenitirokikuti

9
2017年初頭、金正男殺害を受けて出版されたもの。当時は朴槿恵は弾劾・罷免済み。金正男殺害は相当冒険主義的だったようである。/千里馬:北朝鮮では、金日成が社会主義建設の象徴としてもちいた/金与正(キム・ヨジュン)は金正恩の妹。党内序列自体は高くないが、〈本当の影の実力者ではないか〉、と高。2019/02/20

Nao

0
韓国の歴代大統領、思想がわかりやすく書かれていた。北朝鮮はどうすすむんだろう。2017/06/19

momo

0
日韓の仲が悪くなっているが、民間レベルで仲良くしていれば・・・ってコメンテーターはそえで閉じるけど、この本を読んでるとそんな程度の話ではないように思うのですが2019/02/14

Taka_san

0
朴槿恵が弾劾・罷免され、次の大統領が決まる前に書かれた本だが、文在寅が大統領になれば間違いなく「赤化統一」に向かい日本にとっては厄介だと見事に言い当てている。また、冒頭2017年の金正男殺害の話が出てくるが、随分昔の事に思えるほど北朝鮮と韓国で多くの事件が起こっている。金正恩が側近や身内130人を惨殺しているが、先代と先々代の粛清は失脚させたり異動させたり収容所に入れたりということだったとの言及があり、三代目の異常さに改めて戦慄を覚える。またこの男と笑いながら握手をする文在寅には呆れるばかりだ。2019/02/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11594810

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。