「最高のチーム」の作り方

個数:

「最高のチーム」の作り方

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年11月18日 15時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584137666
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0095

内容説明

苦しむことには意味がある。日本一、二刀流、采配、大逆転…非常識を実現し、感動を呼び込む栗山イズム。栗山英樹が体感した二度とない1年。5年を経て考えた「監督とは何か」

目次

第1章 シーズン回顧―真に信ずれば、知恵が生まれる
第2章 クライマックスシリーズ回顧―勝つために打つべき手を打つ
第3章 日本シリーズ回顧―結果を委ねる
第4章 過去の自分との対話―監督の仕事は選手を輝かせること
第5章 選手・コーチたちのこと―いつも全部間違っている

著者紹介

栗山英樹[クリヤマヒデキ]
1961年4月26日生まれ。東京都出身。創価高校、東京学芸大学を経て、1984年にドラフト外で内野手としてヤクルト・スワローズに入団。1年目で一軍デビューを果たすと、スイッチヒッター、外野手に転向した2年目には29試合に出場。翌86年には107試合、4本塁打、規定打席不足ながら3割1厘とレギュラー級の活躍をみせる。初めて規定打席に到達した89年にはゴールデングラブ賞を獲得。1990年のシーズン終了後、ケガや病気が重なり惜しまれながらも引退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

悲願の日本一を達成した北海道日本ハムファイターズ栗山英樹監督。ずばり当たった采配、選手に慕われる人身掌握術、その全てを語る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件