吹部ノート〈2〉青春のすべてはその12分間のために

個数:
電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

吹部ノート〈2〉青春のすべてはその12分間のために

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年11月30日 01時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584137550
  • NDC分類 764.6
  • Cコード C0073

出版社内容情報

「吹奏楽の甲子園」を目指す部員たちが綴ったノートにこめられた想い。ひたむきな高校生の青春を追いかける!大反響の第2弾。

内容説明

全日本吹奏楽コンクールへと綴られた想い、ひたむきな高校生の成長を追いかける。感涙必至のノンフィクション。

目次

プロローグ 12分間にかけた吹部の青春
01 よさこいと吹奏楽と「部活ノート」―4月 船橋市立船橋高等学校吹奏楽部(千葉県)
02 優しさに包まれて「四国の横綱」物語―5月 県立伊予高等学校吹奏楽部(愛媛県)
03 進学校のブラバンボーイズが広島から平和の鐘を響かせる―6月 修道中学校・修道高等学校スクールバンド班(広島県)
04 強い想い忘れないで。もっと上へ。―7月 安城学園高等学校吹奏楽部(愛知県)
05 ブラバン少女たちのオデッセイ―8月 精華女子高等学校吹奏楽部(福岡県)
06 花咲く日、センチュリーホールで清掃を…―9月 花咲徳栄高等学校吹奏楽部(埼玉県)
07 コンクールがくれた一番大切なもの―10月 愛知工業大学名電高等学校吹奏楽部(愛知県)
エピローグ 「吹部ノート」を閉じるとき
巻末付録 よくわかる吹奏楽&コンクールの基礎知識

著者等紹介

オザワ部長[オザワブチョウ]
吹奏楽作家。1969年生まれ。神奈川県横須賀市出身。早稲田大学第一文学部文芸専修卒。総合吹奏楽情報サイト「ある吹net」やツイッター・フェイスブックでの情報発信のほか、雑誌・ネットメディアへの寄稿、ネットラジオのパーソナリティなど、様々なメディアで活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

えがお

8
図書館で偶然見かけて読。自身も吹奏楽やっていた著者による各地の強豪吹奏楽部の部員たちの全国大会目指し奮闘描いたるドキュメント集。私自身は吹奏楽の経験はないものの、部員同士が時にぶつかり、メンバーに入ったり、外されたり・・・ピュアな高校生たちの青春が詰まっていてきゅんとなった。個人的に感心したのは、彼らがほとんどきちんと練習ノートをつけていること。プロサッカー選手も大切さをよく説いているけど、ログ付けるって大切だな~。振り返ることで彼らが人間性を高めていっていることがよく伝わってきた。私も日記つけます!2017/02/19

晴れ女のMoeco

8
吹奏楽部だったひとは、懐かしくなる、吹奏楽コンクールのドキュメント。単なる青春サクセスストーリーじゃなくて、「一生懸命練習して、それでも全国大会にいけなかった、金賞を取れなかった。」「コンクールメンバーに選ばれない」努力を重ねても、うまく行くとは限らなくて、悔しい気持ちとか、それでも楽器を吹きたいんだ、って生徒たちの葛藤がすごくよかった。「結果がすべてじゃない」なんて、きちんと結果を追い求めたひとが言うセリフだ。個人的に印象的だったのは、傷つかないために、進学校の子たちならではの計算高さだな笑2017/02/12

AKO

3
「青春のすべてはその12分間のために」とサブタイトルがついているが、全国に行くこと、そこで金賞をとることがすべてではないことが読んでわかる。これがすべてだったら、コンクール以外の活動が無意味になる。コンクールがあるからこそここまで頑張れるし成長するけど、本当の吹奏楽部の目的を見失ってはいけない。どこかに書いてあったけど、審査員に聞かせるのが目的ではないし、誰に聞かせたいのか。あと、コンクールメンバーから落ちても、落ち込んでいる暇がないくらい次々に本番があるというのも良いと思った。2017/03/17

2
前巻に手ごたえがあったのか、より多彩な学校を選ぶ。各々真摯に取り組んでいることが淡々と綴られている分、エピローグに短く書かれたそれぞれの結果が重い。2018/05/12

ガーコ

1
☆☆☆☆2018/10/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11215703

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。