赤い帝国・中国が滅びる日―経済崩壊・習近平暗殺・戦争勃発

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

赤い帝国・中国が滅びる日―経済崩壊・習近平暗殺・戦争勃発

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月28日 14時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 286p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584137437
  • NDC分類 312.22
  • Cコード C0031

内容説明

中国専門ジャーナリストの緊急提言。未来シナリオと日本人の対処法とは―迫り来るチャイナリスクの真実と対処法を提言する。

目次

序章 習近平政権がはらむチャイナリスク
第1章 習近平は暗殺されるのか
第2章 戦争は勃発するのか
第3章 経済は崩壊するのか
第4章 中国のメディアは死んだのか
第5章 中国五つの未来シナリオ

著者等紹介

福島香織[フクシマカオリ]
1967年、奈良県生まれ。大阪大学文学部卒業後、産経新聞社大阪本社に入社。1998年上海・復旦大学に1年間語学留学。2001年に香港支局長、2002年春より2008年秋まで中国総局特派員として北京に駐在。2009年11月末に退社後、フリー記者として取材、執筆を開始する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ManCheeFMW

1
福島氏の著書はもはや中国情勢年鑑で毎回楽しみ。今回も客観的、かつよく整理された分析が痛快だった。2017/02/03

miharasi_mamiya

1
中国の現状について整理できた。習近平の反腐敗キャンペーンとそれにからむ権力闘争の話など興味深かった。人物相関図がついているので助かった。中国共産党内の権力構造は複雑。中国の未来シナリオを5つほど提示しているのだが、穏当なシナリオになってほしいと思った。2017/02/03

モリヤマ リン

1
2016年11月発行の本。著者が新聞社に勤めていた経験があるからか、習近平政権になってからの出版、報道への圧力について章をさいているのが印象的。この部分は、習政権を語る上で外せないとも思う。ただ、題名と表紙が妙に扇情的なのが肌に合わない。最近の政経の本って、こういうのがはやりなんだろうか。内容は、多くの人に読んでほしいと思うものなんだけれど。2017/01/28

由愛

0
チャイナリスクを考えず、中国進出している会社は、ぜひこの本を読むべきだ。2017/07/06

platoon

0
シナ人が好きなんだなと。だが破滅がみえているようだ。そのとき日本は(戦争)2017/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11177917

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。