おなかの調子がよくなる本―自分でできる腸内フローラ改善法

個数:

おなかの調子がよくなる本―自分でできる腸内フローラ改善法

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年08月11日 17時01分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 213p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584136775
  • NDC分類 491.7
  • Cコード C0077

内容説明

腸内フローラ研究の若き第一人者が教える、腸がよろこぶ食べものとは。下痢、便秘、肥満、肌荒れ、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患、花粉症・アトピーなどのアレルギー、動脈硬化、自閉症etc.予防・改善のための食生活のコツ15。

目次

第1章 朝、駅のトイレにはなぜ長蛇の列ができているのか?
第2章 おなかに棲む微生物の働きで健康は決まる
第3章 うんちには究極の個人情報が含まれている
第4章 心も体も腸内フローラのバランス次第
第5章 腸内フローラのバランスをよくする食べもの
第6章 幸運な出会いと腸内環境研究者への道
第7章 私が描く腸内環境研究の未来

著者等紹介

福田真嗣[フクダシンジ]
1977年、茨城県生まれ。明治大学大学院農学研究科博士後期課程修了。博士(農学)。学位取得後、独立行政法人理化学研究所研究員として勤務し、2012年より慶應義塾大学先端生命科学研究所特任准教授。2011年にビフィズス菌による腸管出血性大腸菌O157:H7感染予防の分子機構を世界に先駆けて明らかにし、2013年には腸内細菌が産生する酪酸が制御性T細胞の分化を誘導して大腸炎を抑制することを発見、ともに「Nature」誌に報告。2015年、株式会社メタジェンを設立(慶應義塾大学と東京工業大学のジョイントベンチャー)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。