日本人が知っておくべき「戦争」の話―僕らのじっちゃん、ばっちゃんの名誉のために!

個数:
電子版価格 ¥1,222
  • 電書あり

日本人が知っておくべき「戦争」の話―僕らのじっちゃん、ばっちゃんの名誉のために!

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月03日 15時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 221p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784584136522
  • NDC分類 210.6
  • Cコード C0095

内容説明

戦後70年間、教科書や新聞、テレビが伝えてこなかった、ホントの「大東亜戦争史」を語る。

目次

序にかえて 「歴史」の大切さを知る―日本人が知らない、日本の「戦争」
第1章 「アヘン戦争」と「日本の開国」―列強の“魔の手”が東アジアに迫りくる!
第2章 「朝鮮半島」と「日清・日露戦争」―非白人の希望だった、アジア唯一の強国・日本
第3章 「第一次世界大戦」、そして「満州事変」へ―戦争が日常だった、「世界大戦」の時代
第4章 泥沼化する「支那事変」―ルールなしの大陸で、苦闘し続ける日本軍
第5章 「対米開戦」へ―日本はなぜアメリカと戦ったのか?
結びにかえて 「平和」を望むなら、「戦争」を語れ―「本当の歴史」を次世代へ!

著者等紹介

KAZUYA[KAZUYA]
動画製作者。昭和63年3月2日北海道帯広市生まれ。YouTube、ニコニコ動画にニュース、政治などの話題を「KAZUYACHANNEL」にてほぼ毎日配信(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

チック君

37
読了しました。この文庫おもしろかったです。 なぜ日本は太平洋戦争の開戦にふみきってしまったのか、というより戦争せざるえない状況に陥ってしまったといったほうがいいかもしれないです。幕末~太平洋戦争終戦まで、その敬意がわかりやすく書かれていて読みやすかったです。日本は最後の最後まで戦争を起こさないように最善をつくしたこと、自国が植民地支配されないための歩み、朝鮮国、支那(現在の中国)の日本に対するひどい仕打ち、ソ連の脅威、共産主義の脅威。戦争はいいわけないです。だからしっかりこういった歴史は勉強になりました。2018/05/12

Book・CaFe

26
大東亜戦争敗戦後、GHQが日本を徹底的に弱体化させるために意図したことが、日本を骨抜きにしてしまった。本来、日本という国は知力も軍事力もあるカッコイイ国だった。何より日露戦争での勝利、第一次大戦後のパリ講和会議に五大国(イギリス・アメリカ・フランス・イタリア・日本)の一員として参加したことなどはやっぱりすごいこと。この本を読み終えて、戦後70年の今、真実の戦争の経緯を知り、歴史を知り、日本の本来の良さを知り、日本が変わっていくことを切に願います。2015/08/01

やじ

26
戦争をしない方が良い事や、平和が大切なのは昔も今も誰もが知ってます。なんで戦争なんか始めちゃったの?日本だけが悪かったの?政府が極悪人だったの?その時代や各国の事情も知った上で自分で判断する事は大切ですよね。軽い語り口で読みやすく、虐殺(またかよ)みたいな感じが本当にいいわ。ご先祖様の名誉の為にKAZUYAさんみたいな若者がもっともっともーっと増えますように!それにしても朝鮮が自立してくれてたらなぁ。共産党は怖いなぁ。尾崎秀実がいなければなぁ。万世一系の天皇陛下がおられる事が、本当に有難いなぁ。2015/07/31

金吾

20
読みやすい本であっという間に読めます。著者の考え明確が記されており、全体像は掴みやすいです。一面をとらえての話が多い気がしますが、一般的に流布している考えと違うので、あまり歴史は好きではないが公平性をもって歴史を見ようとする人ならば、参考として読むのもいいと思います。2020/04/19

ぷれば

19
YouTube、ニコニコ動画などで活躍する著者が「大東亜戦争とはいったい何だったのだろう…?」を起点に、江戸時代〜戦後70年の2015年を振り返り、日本と世界をひもとく本。列強侵略が迫りくる中、植民地or富国強兵か、まさに日本存亡の危機せまる時代からの流れが非常に整理されわかりやすい。日清・日露・事変・2度の大戦…学校で充分に学べなかった時代が、簡潔にまとまっている。平和を希求し、戦争反対である人には特に必読。明治・昭和天皇の御製が心に響きます。2015/09/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9723229
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。