ベスト新書<br> 新型コロナウイルスの真実

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり

ベスト新書
新型コロナウイルスの真実

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月22日 04時39分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 217p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584126103
  • NDC分類 498.6
  • Cコード C0295

出版社内容情報

感染症専門医の第一人者が
すべてを答える!

ダイヤモンド・プリンセス号で見た
その実情と失策。収束の条件…

なぜ対策は後手に回ったのか?
本当に収束するのはいつなのか?

子どものウイルス対策もこれで万全!

いまや海外メディアで日本は新型コロナウイルスの震源地とも言われてしまった。実際に政府のウイルス対策は後手後手に回り、国内の感染者は拡大していく一方だ。また「新型コロナウイルス」に関する情報は何が正しくて、どこが間違っているのか。その情報真偽を確かめる術を持たない私たちの情報リテラシーの低さもと露呈させている。一番の不安は、ウイルスの正体が分からないこと。どのように検査し、どのように予防対策をすればい良いのか? もしも感染してしまった場合にどのような治療が有効なのか? 分からないがゆえの不安を解消すべく、感染症専門医の第一人者である岩田健太郎氏が「新型コロナウイルスの真実と対策」を語る。また、岩田氏は感染者および感染の疑いのある人々を隔離したダイヤモンド・プリンセス号に入った専門医としての立場から、その実情を目の当たりにした。しかし、一日で追い出されることになる。いったい感染症対策の何ができて、何ができていなかったのか。また今後どうなっていくのか。ダイヤモンド・プリンセス号で起こったその顛末を明らかにし、いまそこにある危機から脱出すべき処方箋を示す。

【内容】
第1章 新型コロナウイルスの真実
第2章 新型コロナウイルスの収束の条件
第3章 自分も家族も守る正しい対策法
第4章 ダイヤモンド・プリンセス号の実情
第5章 感染症パンデミックは防げるのか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Willie the Wildcat

84
ダイヤモンドプリンセス号の対応不備を問題提起。該当章の防護服PPEの着脱の件は、流石に閉口。日本版CDCは必須。但し、YouTubeは賛否両論と推察。基礎編『イロハ』も、平易な説明で分かりやすい。記載参照先も有用。唯一1点、どうにも違和感が拭えなかったのが、「安全vs.安心」。定義的には”欲”かもしれないが、子供を持つ親からすれば「(子供たちの)安心」の優先度は高い。冷静・客観的に情報収集と解釈に努め、専門知を尊重!しかない。なお、未解明な点が多い現状、表題は少々大袈裟という気がする。2020/04/15

てつのすけ

79
感染症の専門家が著した書籍である。現在、まだ終息していない新型コロナウイルスに、どのように対処するのがいいのか知りたくて読んだ。正しく対処する方法は、正しい情報を得ること。テレビのコメンテーターの言葉は信じてはいけない。これに尽きるであろう。2020/06/06

こも 零細企業営業

63
タイトルが大袈裟。岩田健太郎さんの考えをまとめたモノだった。「コロナウイルス」ってから始まりSARSとMERSの歴史を語り、今回のは7番目のコロナウイルスとなる。脳裏に綾波レイが出て来た人はオタクだと思って下さい。←私見です。検査で分かるのは「新型コロナウイルスに罹っていること」であって、「罹っていない」ことは証明出来ない。PCRはウィルスが採取出来なかったら意味が無く、抗体検査は罹患初期には反応が出ない。使い処は感染爆発の兆しが見えたら周辺全員を検査して陽性が出たら隔離する。闇雲に検査しても資源の無駄。2020/04/18

ミライ

54
コロナ感染者を出したクルーズ船ダイヤモンド・プリンセスの状況を告発する動画を出したことで話題となった岩田健太郎さんによる著書。コロナウィルスの説明から始まり、コロナウィルスへの感染対策、ダイヤモンド・プリンセスで何が起こっていたかの詳細、コロナウィルスで日本社会がどのように変わる可能性があるかが語られる。日本の官僚社会だったり、「働きすぎ」問題に対しての警鐘もあり非常に興味深い内容だった、告発のタイミングが2月中旬くらいだったことを考えるとかなりのスピード出版。2020/04/18

速読おやじ

49
ダイヤモンドプリンセス号で一躍有名になった岩田先生の著書。色々とバッシングされたことでしょう。空気を読まないやり方が疎まれたんでしょうな。正しく診断ではなく判断しろというが、PCR検査は間違うんだそうです。感染症かどうかを議論するより、どう治療するかどうかを判断する方が合理的だと。ダイヤモンドプリンセス号の顛末は政治的なイシューというか、責任を取るべき組織が曖昧で、失敗したにも関わらずそれを認めないことで反省・学習がなされないことが問題。それってニホンの縮図?みたいな論調が多かったかな。2020/05/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15588907

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。