ベスト新書<br> 教育改革の9割が間違い

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

ベスト新書
教育改革の9割が間違い

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月09日 23時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 208p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584125656
  • NDC分類 370.4
  • Cコード C0237

出版社内容情報

「ゆとり教育」に変わる新たな概念として登場した「アクティブ・ラーニング」は学校や教育を根本的に変えることができるだろうか。子供は人間的・社会的にどう形成されていくだろうか。21世紀に必要な学校教育のあり方、教師のあり方を提言した一冊。

内容説明

ゆとり教育をはじめ、過去、文科省によって決定されてきた教育改革は、度々失敗に終わっている。その原因は、理論上の正しさばかりを重視し、実践までを考慮に入れていない点にある。教育現場で子どもに向き合う教師たちは、戸惑い、苦しみながらも、より良い教育のために奮闘してきたのである。本書では、教育における四つのちから―「行政のちから」「教師のちから」「民間のちから」「子どものちから」の動きを大切に考えて、学校教育における本質的・構造的な問題点を見ていく。2020年の教育大変革で同じ過ちを繰り返さないために、いま向き合わねばならない。

目次

第1章 アクティブ・ラーニングは日本の教育を変えるか(教育は“正論”ではうまくいかない;能動的学習と学力の向上は別ものである ほか)
第2章 教師は「個性」を鍛えよ(すべての教師は自信過剰である;教師は何を教えているのか ほか)
第3章 学校教育を揺るがすちから(「学力第一主義」が危ない;教師と子どもは対等なのか ほか)
第4章 教師はいかにして権威を失ったか(学校のセンセーはえらい―農業社会的近代;「卒業したい」からいうことを聞く―産業社会的近代 ほか)
第5章 「子どものため」は教師の驕りである(K女子高校での英語の授業;「プロ教師の会」でいい続けたこと ほか)

著者等紹介

諏訪哲二[スワテツジ]
1941年千葉県生まれ。「プロ教師の会」名誉会長。作家。東京教育大学文学部卒業。埼玉県立川越女子高校教諭を2001年3月に定年退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ムーミン

9
人としての自分、教師としての自分を常に見直し続ける。2018/02/28

寝落ち6段

8
経験で語るのは大いにありだと思う。が、埼玉県での高校での話でしかない。全国には小学校が一番多く、次に中学校で、高校だ。しかも、埼玉で4校のみの経験談であり、退官が15年以上前なので、そこにあまり説得力は感じない。ただ、行政の考える教育改革は、現場レベルでは厳しいし、余裕がない。現場は常に試行錯誤して、改革内容を何とかしようとしている。だから、長時間労働で、しかも残業代も出ない。少々アクティブ・ラーニングについて誤解しているようだ。議論、話し合いだけがそれじゃない。見学も、体験も、すべてがそれなのだ。2019/06/13

Yappy!

5
プロ教師の会の関係の人ですね。 まあそれはそれでこうした視点からの見方もないといけないよねと思う。 学校という立場、教師という立場、教育政策立案者という立場、一般の人、親としての立場、教育はそれぞれが分断した世界でそれぞれの立場でどこかを攻撃するという状態か。分断というイメージがとてもしっくりくる。 「こどものため」は教師の独善とあるが、モンスターペアレンツも含め、もっといえばあらゆる集団で他のためという言葉が頻繁にかつ目的として幅を利かせるのは、自分とは違う立場を考慮できなくなっている状態か、同意。2018/09/13

lllともろー

5
諏訪氏の本は久しぶり。でも以前の方が鋭かった?そもそも後半はタイトルと異なっているでしょう。2017/12/17

しゅんぺい(笑)

5
言葉を選ばないですが、なんか、諏訪さんが劣化してしまった、ように感じた。2000年代に書いていた本のほうが、言いたいことがはっきりとまとまっていたような気がする。薄まった。こう考えると、タイトルも合っているのかどうかわからへんし。んー、なんか物足りない。2017/12/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12322116

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。