ベスト新書<br> 筋金入りのヘタレになれ

電子版価格 ¥858
  • 電書あり

ベスト新書
筋金入りのヘタレになれ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 247p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584125151
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0295

内容説明

これまで自分が辿ってきたこの道筋に、不正や間違いはなかったかどうか。自分はメンツというものに囚われて何か大きな過ちを犯していないかどうか。一度、自分を丸裸にして赤裸々な告白をする。そうすることで、初めて謙虚さや、本当の意味での倫理を知ることができ、初めて正義というものを正面から追求する権利を獲られるのだ。

目次

第1章 死なないように地雷を踏む方法
第2章 活字の「女」でぬけるか?
第3章 世論はなぜこうも不寛容なのか?
第4章 変態も極めれば、詩人になる
第5章 旅と酒がヘタレ心を癒す
第6章 AIに奪われないような仕事をしろ
第7章 犬も食わない男のメンツ

著者等紹介

島田雅彦[シマダマサヒコ]
1961年東京都生まれ、川崎育ち。東京外国語大学ロシア語学科在学中の83年『優しいサヨクのための嬉遊曲』が芥川賞候補となり、作家デビュー。84年『夢遊王国のための音楽』で野間文芸新人賞。92年『彼岸先生』で泉鏡花文学賞。2006年『退廃姉妹』で伊藤整文学賞、08年『カオスの娘』で芸術選奨文部科学大臣賞受賞。10年下半期より芥川賞選考委員を務める。現在、法政大学国際文化学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

93
島田雅彦は、小説、エッセイ問わず、新作をコンスタントに読んでいる作家です。時事ネタを筋金入りのヘタレである著者がぶった斬るエッセイ集。共感できる内容も多く、楽しく読めました。個人的に最近の不倫に関する報道に関しては、辟易しています。日本の将来を考えると、プロフェッショナルでカリスマ性のある政治家に登場してもらいたいと願っています!2016/08/11

佐島楓

72
主に男性を読者として想定していると思われる。遊びを極めていらっしゃるようで大丈夫かなとちょっと思うことまで発言していらっしゃる。このタイプの作家さんは若い世代にはもういないのかしらん。2017/06/24

harass

63
2016年の新書。酒場で話を振るライターとの対話だがほとんど著者が語る。以前読んで感心した「彼岸先生」のように、どうでもいい無責任な放談がこの著者の真骨頂であり、社会評論のようなものは無理があると分かる。たまに出てくる著者の体験談で面白いものがある。やっぱりというか、サイン会でたまに驚くほどの美女が来ることがあるそうで、彼女に渡すサイン本に連絡先のメモをこっそり忍ばせる阿吽の呼吸の編集者。連絡してくるタイミングが全盛期には三人同時になったことがあるとか。まあ、あまり期待せずに読み飛ばす本。2018/07/24

佳音

43
うーん。2017/09/21

aloha0307

21
強烈な表題 島田さん自身は、”清純派のAV女優 みたいなもんだな”と笑う。”こうも不寛容なふざけた世の中に、懐深い&筋の通ったヘタレじゃなければ渡っていけない”と説く。文学、政治、右左翼、酒、恋愛...酒場放談の形式で、下ネタも満載だ(ここではとても書けません 笑)。 低賃金&従順な99%の”奴隷”が1%の富裕層に奉仕、と民主主義の崩壊を嘆く章にはドキッ...2016/12/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11028050

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。