ベスト新書<br> 五感の哲学―人生を豊かに生き切るために

個数:
電子版価格 ¥717
  • 電書あり

ベスト新書
五感の哲学―人生を豊かに生き切るために

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2018年05月23日 22時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 246p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584125113
  • NDC分類 115.5
  • Cコード C0210

内容説明

世界をよく見て聴いて嗅いで味わって触れてみることが、私たちが死の床まで携えてゆくことのできる至福のよろこびを構築してくれるでしょう。五感の哲学という試みは、ものごとをただ抽象的に考えるのではなく、自分の身体感覚を敏感にして、まずは身体全体で世界から降り注ぐシャワーを感じてみることです。この一度きりの人生を豊かに生き切って、この世を味わい尽くして、あの世に旅立つ道を辿ることが、本書のテーマです。

目次

序章 五感の危機、危機の五感
第1章 味覚―命にかかわる美味しさ
第2章 嗅覚―懐かしさは香りとともに
第3章 触覚―内と外に微風を感じて
第4章 聴覚―心を震わせてみて
第5章 視覚―未知の光景を見たい
第6章 五感の融合―開いて閉じて思い出して
終章 こころの温泉

著者等紹介

加藤博子[カトウヒロコ]
1958年生まれ。新潟県出身。文学博士(名古屋大学)。専門はドイツ・ロマン派の思想。大学教員を経て、現在は幾つかの大学で非常勤講師として、美学、文学を教えている。また各地のカルチャーセンターで一般向けにやさしい哲学講座を開催し、さらに最近は「知の訪問介護」と称して各家庭やご近所に出向き、文学や歴史、哲学などを講じて、日常を離れた会話の楽しさを提供している。『五感の哲学―人生を豊かに生き切るために』は初の著作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

昨今、人間らしく幸せに生きるうえで最低限持ち合わせていないといけない五感(味覚、嗅覚、触覚、聴覚、視覚、そしてその五感の混合)が鈍くなっているか、あるいは失われていないか。気鋭の女性哲学者が説く、指南の書。