生命式

個数:
電子版価格 ¥1,815
  • 電書あり

生命式

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月24日 04時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 272p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309028309
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

死んだ人間を食べる新たな葬式を描く表題作のほか、著者自身がセレクトした脳そのものを揺さぶる12篇。文学史上、最も危険な短編集

内容説明

文学史上、最も危険な短編集。自身がセレクトした、脳そのものを揺さぶる12篇。

著者等紹介

村田沙耶香[ムラタサヤカ]
1979年千葉県生まれ。玉川大学文学部卒業。2003年「授乳」で群像新人文学賞(小説部門・優秀作)を受賞。2009年『ギンイロノウタ』で野間文芸新人賞、2013年『しろいろの街の、その骨の体温の』で三島賞、2016年「コンビニ人間」で芥川賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ろくせい@やまもとかねよし

561
タイトル編も含め12の短編が収録。通底する主題は、生物である人間と理性的に社会集団化する人間の境界だろうか。それぞれの物語は、生物的に欲する「性」「睡眠」「食」「排泄」に加え、生態的な「大気」「日光」そして物質の「循環」など、人間の理性で抗うことができない現象を用い、人間の両極な社会性と生物性の境界を探していく。手がかりは人間が理性では制御できない本性。ただ、村田さんが描く物語の前提や背景は、極度な非日常。しかし、そんな非日常を非現実と感じさせない筆力は見事。村田さんが見ている景色を私も共有してみたい。2019/10/30

absinthe

540
沙耶香様が書く、ぶっとんだ短編集。命は周辺の命と手を取り合って生きている。生命の定義はいまだに難しい。沙耶香様が地面に手を触れると、そこに生えているものを私達が食べてるんだなぁと感じ、ビルを見上げれば自分たちはその内臓なんだと感じてしまう。そういう感性の作家がペンを走らせるとこうなるのだ。人間の体を食べる。体の一部を道具にする。これらを禁忌とする当たり前だった意識も作品を読む間にどこかに溶けていった。2020/01/18

starbro

534
村田 沙耶香は、新作中心に読んでいる作家です。著者が自らセレクトしただけあり、生理的に嫌悪感を抱く衝撃的な短編集でした。どの作品も甲乙つけ難いですが、特にオススメは、表題作『生命式』&『素晴らしい食卓』&『孵化』です。今年のBEST10候補です。村田 沙耶香、恐るべし!2019/11/07

kou

427
数ページ読んだだけで、頭がクラクラする感覚がして、一気に世界観に引き込まれた。相変わらず凄い世界観だと思う(汗)。そして、妙な説得力があり、自身の常識がおかしいのでは?と不安になってしまう・・・まぁ、それもやみつきになってきたが(笑)。ホントに一度で良いから、作者の世界の見え方を隣から覗いてみたい!!2019/12/15

ウッディ

425
亡くなった人の体を調理し、遺された人はそれを食べ、性行為をして新たな生命の誕生に結び付ける「生命式」、そんな儀式が当たり前になった世界。モラルや常識を超越した舞台や登場人物は、常識世界で生きる我々にとっては、グロテスクで怖ろしい。そんな普通ではない世界を描いた短編集。真面目、天然、お姫様、ガサツ・・周囲に合わせて出来上がった別々のキャラを使い分けてきた主人公が、友人全員を揃う自分の結婚式で、どんなキャラになるのかを描いた「孵化」は、今っぽい話で面白かった。怖いもの読みたさで手に取ってしまう作家さんです。2020/02/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14470675

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。