ベスト新書<br> 名古屋 地名の由来を歩く

個数:

ベスト新書
名古屋 地名の由来を歩く

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年02月24日 08時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 287p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584123447
  • NDC分類 291.55
  • Cコード C0226

内容説明

日本経済を支える名古屋は、歴史的にも日本の中心であり続けた。本書ではそんな名古屋に眠る地名の謎を探る。多くの戦国武将を生み、ものづくりの町として発展してきた名古屋にはどのような歴史物語があるのか―。本書は、「京都」「東京・江戸」「奈良」に続く、大人気地名シリーズ第四弾。著者・谷川彰英が尾張名古屋の地を丹念に歩き徹底調査。日本最強都市の原動力ともいえる歴史伝説をつきとめた!周辺地図、写真、折り込みマップつきで観光ガイドとしても最適。

目次

序章 尾張名古屋は城で持つ
第1章 英傑のふるさとを訪ねる
第2章 神社から歴史を探る
第3章 知られざる名古屋の寺院の魅力
第4章 名古屋の街並みを歩く
第5章 近代の物づくりの町 名古屋
第6章 名古屋のおもしろ地名
第7章 名古屋近郊の地名

著者等紹介

谷川彰英[タニカワアキヒデ]
1945年長野県松本市生まれ。筑波大学教授・副学長を経て、第二の人生としてノンフィクション作家を選択。地名研究のフロントランナーとして、各種テレビ番組でも活躍。足で歩いて地名の由来を解明する手法に定評がある。その他、マンガ論、教育論もこなす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。