ベスト新書<br> 名古屋 地名の由来を歩く

個数:

ベスト新書
名古屋 地名の由来を歩く

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 新書判/ページ数 287p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784584123447
  • NDC分類 291.55
  • Cコード C0226

内容説明

日本経済を支える名古屋は、歴史的にも日本の中心であり続けた。本書ではそんな名古屋に眠る地名の謎を探る。多くの戦国武将を生み、ものづくりの町として発展してきた名古屋にはどのような歴史物語があるのか―。本書は、「京都」「東京・江戸」「奈良」に続く、大人気地名シリーズ第四弾。著者・谷川彰英が尾張名古屋の地を丹念に歩き徹底調査。日本最強都市の原動力ともいえる歴史伝説をつきとめた!周辺地図、写真、折り込みマップつきで観光ガイドとしても最適。

目次

序章 尾張名古屋は城で持つ
第1章 英傑のふるさとを訪ねる
第2章 神社から歴史を探る
第3章 知られざる名古屋の寺院の魅力
第4章 名古屋の街並みを歩く
第5章 近代の物づくりの町 名古屋
第6章 名古屋のおもしろ地名
第7章 名古屋近郊の地名

著者等紹介

谷川彰英[タニカワアキヒデ]
1945年長野県松本市生まれ。筑波大学教授・副学長を経て、第二の人生としてノンフィクション作家を選択。地名研究のフロントランナーとして、各種テレビ番組でも活躍。足で歩いて地名の由来を解明する手法に定評がある。その他、マンガ論、教育論もこなす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

小鈴

16
ウンチク仕入れるために借りたが、日本の歴史を考えさせられた。綿神社、その周囲志賀町の由来から安曇族が住み尾張に稲作農耕文化を広めた。一宮の真清田神社の御祭神は天火明命で、別名は饒速日命で大和朝廷を立てる以前から大和地方を支配した神。味鋺の地名は物部氏支配の証が残り。尾張の由来は大和国葛城山麓「高尾張邑」。つまり、大和朝廷成立前の豪族が追いやられて尾張に。その後も左遷された物部氏が尾張に。熱田神宮は東国征伐の基地。尾張は戦国だけではない。大和政権とセット(裏面)で成立した地なのだ。2017/09/15

Jimmy

4
名古屋本を連続して読んでいますが、直前に読んだ「名古屋歴史散歩」の100倍面白かった。ちゃんと現地に行って歩いて発見して、とちゃんと汗をかいた分だけ面白くなってます。自分もちゃんと周りたいですね。2018/06/15

のり

4
愛知県を知る。その②。表題の通り、地名にまつわる蘊蓄が沢山。読了後、無性にその土地に訪れたくなります。2012/08/09

Masa03

2
名古屋に住んでいる方なら、身の回りの地名の由来がわかって面白いのでしょう。確かに、自分の行動範囲で見かける地名に不思議さを感じることはあり、その疑問を解消してくれる本があれば有難い。 でも、名古屋に所縁がない人には、ふぅん、としか感じられないので、読み手を非常に選ぶ本です。それを覚悟して読んで下さい。2013/01/23

佐藤 礼(Rei Sato)

2
地名研究・・・私の居酒屋巡りの素面(しらふ)版を趣味に入れたいと思わせる内容。2012/11/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4255864

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。