“投げる”が脳と体を育む 0歳からのボール遊び運動

個数:

“投げる”が脳と体を育む 0歳からのボール遊び運動

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年01月16日 20時17分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 127p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784583111742
  • NDC分類 783
  • Cコード C2075

内容説明

0歳からのボール遊び運動。全41のメニューを掲載。

目次

第1章 なぜボール遊び運動が必要なのか?(なぜ、ボール遊び運動が必要なのか?)
第2章 0歳から3歳のボール遊び運動(0歳から3歳のボール遊び運動の効果;ボールを見る ほか)
第3章 4歳から6歳のボール遊び運動(4歳から6歳のボール遊び運動の効果;ボールを上に投げてキャッチ ほか)
第4章 小学生のボール遊び運動(小学生のボール遊び運動の効果;ボールでお手玉(2~3個) ほか)

著者等紹介

小山啓太[コヤマケイタ]
1978年1月22日生まれ、北海道札幌市出身。米国アスレティックトレーナー協会公認アスレティックトレーナー(NATA‐ATC)。立正大学法学部を卒業後、エンポリア州立大学大学院スポーツ医科学専攻課程と、セントラルミシガン大学大学院運動科学専攻課程を修了し、セントラルミシガン大学スポーツ医局専任スタッフ、同大学スポーツ医学科講師となる。2003年からアトランタ・ブレーブス、2007年からカンザスシティー・ロイヤルズでアスレティックトレーナー。2002年から2005年までは大学野球日本代表の専属トレーナーを務めた。2009年から母校の立正大学でスポーツ運動科学と健康教育学を専門とする講師として勤務する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ふじか

0
外はもちろん、家の中でもやれるようなボールを投げずに使う遊びのネタが豊富で良かった。 しかしこれ、0歳代のボール遊びの解説にはちょっと違うな、とか発達段階的にもう少し月齢が上がらないと上手くいかなさそうだなと感じる部分がありました。2019/02/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13109120

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。