TOYOの熱血―“生涯青春”を貫く名将の軌跡

個数:
  • ポイントキャンペーン

TOYOの熱血―“生涯青春”を貫く名将の軌跡

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年09月20日 22時20分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784583111643
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0075

内容説明

46年間の監督人生を支えた野球への情熱は今もなお変わらず!生涯青春の人材育成術。

目次

第1章 青年監督誕生(大学時代は副将;恩師・野本喜一郎監督 ほか)
第2章 栄光と挫折(1976年秋、悲願の初優勝;初優勝の立役者 ほか)
第3章 黄金時代(2007年、初の春秋連覇―黄金時代の幕開け;大場がチームを成長させた ほか)
第4章 東都リーグ最多542勝へ(2011年秋、東都リーグ史上最多の通算502勝;エース藤岡が大黒柱に成長 ほか)
第5章 「生涯青春」の人材育成(「育てた」のではなく「育った」;日本一になった教え子たち ほか)

著者等紹介

〓橋昭雄[タカハシアキオ]
1948年6月8日生まれ。埼玉県出身。大宮工高‐東洋大‐日産自動車。選手時代は捕手として活躍し、東洋大4年時には副将を務めた。1972年に23歳の若さで東洋大の監督に就任し、1976年秋に東都一部リーグ初優勝。以来、通算18度の優勝回数を誇るなど、母校をリーグ屈指の強豪チームに育て上げた。2008年に春秋のリーグ戦に加え、全日本大学選手権、明治神宮大会も制し、年間グランドスラムを達成。2009年春には戦後初のリーグ5連覇を果たした。2017年に勇退するまで、全日本大学選手権で4度、明治神宮大会で2度優勝した。一部リーグでの通算記録は1040試合で542勝476敗22分け、勝率5割3分2厘。通算542勝は歴代最多で、名将として誰もが認める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。