バスケットボールの教科書〈3〉チームマネジメント基礎

個数:

バスケットボールの教科書〈3〉チームマネジメント基礎

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2017年09月20日 20時49分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 175p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784583110608
  • NDC分類 783.1
  • Cコード C2075

内容説明

バスケットボールの家庭教師として絶大な信頼を得る著者による、ジュニア期の指導者や、指導者を目指す学生必読の四巻シリーズ。これまでの常識を疑い、隠れていたバスケットボールの本質に迫る。従来のスポーツ実用書の枠にとどまらないバスケットボールの新しい指導メソッド、指導哲学の書!第三巻となる本書のテーマは「チームマネジメント基礎」。チームマネジメントピラミッドを軸に、技術や戦術以外のチーム活動の全体像に目を向ける!

目次

1 理念―組織の土台になるもの
2 環境―理念と仕組みを考える
3 信頼―組織をつなぎ合わせるもの
4 責任―人材の基礎になるもの
5 規律―チームを一つに統率するもの
6 モルタル―ブロックとブロックの関係性
7 コンディショニング―準備の本質
8 価値観―個人として持つべき考え方
9 相乗効果―チームワークの本質

著者紹介

鈴木良和[スズキヨシカズ]
1979年生まれ、茨城県出身。千葉大学大学院在学中の2002年に「バスケットボールの家庭教師」の活動を開始。株式会社ERUTLUCを立ち上げ、小・中学生を中心に、高校生から幼稚園児までバスケットボールの普及・強化に努める。ジュニア期コーチングの専門家。日本バスケットボール協会公認C級コーチ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「バスケの家庭教師」として絶大な信頼を誇る著者の第3弾です。今回のテーマは「チームマネジメントの基礎」。11月発行の第1弾、12月発行の第2弾とともに、並列販売をご検討ください。なお、2月発行で第4弾(最終巻)を予定しています。