背番号なし戦闘帽の野球―戦時下の日本野球史1936‐1946

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 367p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784583109862
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0075

目次

第1章 「よし一本!」はストライク(昭和一八(1943)年一‐四月)
第2章 優勝一七時間後は見習工員(昭和一八(1943)年四月‐一二月)
第3章 沢村、景浦の大一番(昭和一一(1936)‐一三(1938)年)
第4章 学生野球の変質と粛清(昭和一三(1938)‐一七(1942)年)
第5章 プロ球界も時局の嵐(昭和一四(1939)‐一七(1942)年)
第6章 背番号なし、崖淵の「日本野球報国会」(昭和一九(1944)年)
第7章 昭和二〇年正月のプロ野球八連戦(昭和二〇(1945)年一‐八月)
終章 暗雲去り、青空に白球舞う(昭和二〇(1945)年一月‐二一(1946)年)

著者等紹介

山室寛之[ヤマムロヒロユキ]
昭和16(1941)年、北京に生まれる。九州大学卒。読売新聞社社会部記者、広報部長、編集局次長兼社会部長、読売新聞西部本社編集局長、東京読売巨人軍球団代表、読売ゴルフ社長などを歴任。日本エッセイスト・クラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件