コーチングブックシリーズ<br> ジュニアサッカー 魔法の声掛け―子供たちの心を育む指導術

個数:

コーチングブックシリーズ
ジュニアサッカー 魔法の声掛け―子供たちの心を育む指導術

  • 出版社からお取り寄せいたします。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 198p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784583109831
  • NDC分類 783.47
  • Cコード C0075

内容説明

「いかにして決断力を磨き、強い心を育むのか―」お父さん指導者必読!子供たちの自主性を伸ばすコーチング論。

目次

越雲政昭(栃木FC・JFCファイターズ総監督)―緊張とリラックスのバランスを取り、平常心が持てる声掛けを
小林勉(群馬前橋ジュニア・前橋ジュニアユース代表)―子供が得意な分野を伸ばす声掛けを
浅野智久(千葉マルバサッカースクール“SS”代表)―コーチの問いかけに、自分の考えを堂々と言えるように
川上弘仁(奈良ディアブロッサ高田U‐12監督)―子供に平等に接し、信念を押し通す強さも必要
大嶋康二(東京FC.TUCANO“トッカーノ”総監督)―ポジティブな声掛けから、優しいが厳しい声掛けへ
岡本周治(神奈川ゴールプランダーズ“GP”コーチ)―声掛けはシンプルに、感情をぶつける声掛けは避ける
大田善信(岡山オオタFC代表)―子供が、自分を変えるきっかけとなる声掛けをする
品村敏明(茨城アセノサッカークラブ“SC”代表)―指導者の強圧的な声掛けが最大の問題