平凡社新書<br> 池田大作と宮本顕治―「創共協定」誕生の舞台裏

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

平凡社新書
池田大作と宮本顕治―「創共協定」誕生の舞台裏

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年04月13日 14時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 220p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784582859515
  • NDC分類 311.9
  • Cコード C0231

出版社内容情報

“信じる”ことから出発する創価学会と新しい社会を望む日本共産党が半世紀近く前に結んだ「創共協定」。百戦錬磨の論客がその誕生の舞台裏をさぐる。

内容説明

信じることから出発する創価学会、資本主義体制を疑い、変革を望む日本共産党。対立関係にあった幼者が手を結んだ「創共協定」は一九七五年の公表時、日本中に衝撃を与えた。この協定は発表直後から死文化の道をたどったが、その裏ではどんな思惑と策謀が渦巻いていたか。池田大作と宮本顕治に焦点を当てながら、「創共協定」誕生と破綻の舞台裏をさぐる。

目次

第1章 池田大作と宮本顕治の「人生対談」
第2章 創価学会の言論弾圧
第3章 池田大作をめぐるスキャンダル史
第4章 宮本百合子と宮本顕治
第5章 宮本顕治宅盗聴事件
第6章 「創共協定」の経緯とその後
第7章 「だました池田」と「だまされた宮本」

著者等紹介

佐高信[サタカマコト]
1945年山形県生まれ。慶応義塾大学法学部卒業。評論家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。