平凡社新書<br> 老いない人は何を食べているか

個数:
電子版価格 ¥669
  • 電書あり

平凡社新書
老いない人は何を食べているか

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2018年10月18日 05時27分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 200p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784582858549
  • NDC分類 498.58
  • Cコード C0247

内容説明

70歳を過ぎても激しいコンサートをパワフルにこなす、ポール・マッカートニーやミック・ジャガー。彼らは日々、どのような食事をしているのだろうか。また長寿地域には、どのような食の秘密が隠されているのか。消化器内科医、大腸専門医の立場から、腸力を高め、見た目も若く健康的な生活を送るために、食材の効能や食べ方、日々の過ごし方を紹介する。

目次

第1章 なぜ、人は老いていくのか
第2章 老いの程度を決定する「見た目」
第3章 「老いない人」は何を食べているか
第4章 腸ストレスこそ老いの原因
第5章 腸を健康にする食べ方で老いを防ぐ
第6章 老いを防ぐには健康的な生活も必須
第7章 健康長寿と呼ばれる地域の食の秘密とは

著者等紹介

松生恒夫[マツイケツネオ]
1955年東京都生まれ。松生クリニック院長。医学博士。80年、東京慈恵会医科大学卒業。同大学第三病院内科助手、松島病院大腸肛門病センター診察部長を経て、2004年1月より現職。日本内科学会認定医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本消化器病学会認定専門医、日本東洋医学会専門医、日本大腸肛門病学会専門医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

長寿県といわれる地域では、どのような食材が食べられてきたのか。見た目も若く健康的な人生を過ごすにはどうすればいいかを紹介。

はじめに
ポール・マッカートニーはなぜ若い?
第1章 なぜ、人は老いていくのか
老化という現象
加齢による消化管の変化
腸の機能低下
加齢による筋量・筋力の減少

第2章 老いの程度を決定する「見た目」
「見た目」に関する2つの調査
東洋医学の望診(視診)に対する考え方
腸内環境も「見た目」に影響を与える

第3章 「老いない人」は何を食べているか
ミック・ジャガーのスリムの秘密
玄米を中心とした食生活、喜多嶋修
玄米菜食主義を説いた石塚左玄
玄米菜食からマクロビオティックスへ
ミス日本スマイル賞を受賞した赤須知美の食事
オーガニック・ライフのすすめ

第4章 腸ストレスこそ老いの原因
腸ストレスとは何か
腸内フローラを改善する
腸内環境をコントロール

第5章 腸を健康にする食べ方で老いを防ぐ
様ざまな食材で腸の働きをよくする
腸内にもっとも多く棲むビフィズス菌の力
腸管免疫を維持して病気を防ぐ
腸の退化・老化による慢性炎症と便秘について
免疫力を高めるのに必要な栄養素グルタミン
グルタミンはどのような食材から摂るか
免疫に関する様ざまな食品や食材を知ろう

第6章 老いを防ぐには健康的な生活も必須
適度な運動が腸管運動を促進する
ストレスの根本を考える
副交感神経を活発にする
思い出し法でストレスフリーの生活へ

第7章 健康長寿と呼ばれる地域の食の秘密とは
本来、日本人が食べていた大麦(もち麦)の力
愛媛県で大腸癌の死亡率が低いわけ
あるスペイン人の食生活
クレタ島の伝統的な地中海型食生活
山梨県の棡原地区はなぜ健康長寿だったのか
沖縄の「ぬちぐすい」という文化
なぜ、長野県は日本一の長寿地域になったのか
和食のよさを見直そう
長寿食で使われる食材やその成分・効用を知る
あとがき


松生 恒夫[マツイケ ツネオ]
著・文・その他