平凡社新書<br> 魯山人 美食の名言

個数:
電子版価格 ¥723
  • 電書あり

平凡社新書
魯山人 美食の名言

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年08月22日 02時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 240p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784582858532
  • NDC分類 596.04
  • Cコード C0277

内容説明

生涯を懸けて美食を追求した北大路魯山人は、「料理も芸術である」「天然の味に優る美味なし」「もともと美味いものはどうしても材料による」「食器は料理の着物である」「良い料理を作ることは人生を明るくします」など、その本質をずばりと語っている。魯山人の言葉に親しんで、それを生活の中で生かす―食をより楽しむための道はこれだ。

目次

プロローグ 魯山人の人生観―断固として生きる(いろいろな生き方もあろうが)
第1章 素材選びと料理の秘訣(もともと美味いものは、どうしても材料によるので;天然の味に優る美味なし/新鮮に勝る美味なし;真の美味はシュンにあり ほか)
第2章 美食の周辺((私のように)裕福ならざる者が料理道楽をやり出しますと
(星岡茶寮の経営者として)我々が他と少し違うところは
お料理は即刻即用が大切であります ほか)
第3章 美食にふさわしい器とは(食器は料理の着物である;私の作品は大抵、食物である限り、盛り方さえ上手であれば調和する自信があります;坐辺師友(中略)努めて身辺を古作の優れた雅品で満すべきである)

著者等紹介

山田和[ヤマダカズ]
1946年富山県生まれ。作家。『インドミニアチュール幻想』(平凡社/文春文庫)で講談社ノンフィクション賞、『知られざる魯山人』(文藝春秋/文春文庫)で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

魯山人は語る人でもあった。素材選びと料理の秘訣、美食の周辺、美食にふさわしい器とは。言葉を通してその美食観を浮びあがらせる。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件