平凡社新書<br> アニメーション学入門 (新版)

個数:
電子版価格 ¥759
  • 電書あり

平凡社新書
アニメーション学入門 (新版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月26日 04時19分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 280p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784582858365
  • NDC分類 778.77
  • Cコード C0274

内容説明

この一〇年間のアニメ界は激動期にあった。デジタル技術の発達による制作環境の変化、宮崎駿監督の引退宣言とスタジオジブリの事実上の解散、深夜枠アニメの増大と定常化、クールジャパンなど国や自治体が関わるアニメ施策の増加…。日本の、そして世界のアニメはどこへ向かうのか。最新事情を踏まえた、アニメーション学のニュースタンダード。

目次

第1部 総論(アニメーションとは何か;海外アニメーション史;日本アニメーション史;学問としてのアニメーション;現代アニメーションの新たな位置づけ)
第2部 各論(日本のアニメーション;海外のアニメーション)

著者等紹介

津堅信之[ツガタノブユキ]
1968年兵庫県生まれ。近畿大学農学部卒業。アニメーション研究家。学習院大学大学院、京都精華大学などを経て、現在は日本大学芸術学部映画学科非常勤講師。専門はアニメーション史だが、近年は映画史、テレビ史から大衆文化など、アニメーションを広い領域で研究する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

アニメーションとは何か。いつ、どこで、誰がどんな作品を創ったのか。最新事情を踏まえた「アニメーション学」の新たな定番。

《目次》
はじめに

第一部 総論
第一章 アニメーションとは何か
1、「アニメ」と「アニメーション」
2、映画技法としてのアニメーションの定義
3、アニメーションの分類
4、表現としてのアニメーションの特性
5、アニメーション制作の流れ
第二章 海外アニメーション史
1、アニメーション技術の発見
2、ディズニーの功績と影響
3、第二次世界大戦後の多様化
4、「アニメーション・アート」の自立
第三章 日本アニメーション史
1、一九二〇?五〇年代──模倣から模索へ
2、テレビアニメの発明──東映動画と虫プロダクション
3、アニメブーム
4、スタジオジブリ
5、デジタル化による革新と今後
第四章 学問としてのアニメーション
1、アニメーション研究略史
2、アニメーションの研究領域
第五章 現代アニメーションの新たな位置づけ
1、クールジャパン
2、アニメによる地域振興
3、知的財産としての諸問題
4、産業としての諸問題

第二部 各論
第六章 日本のアニメーション
1、テレビアニメ
2、劇場用長編アニメ
3、オリジナルビデオアニメ(OVA)
4、ネット配信アニメ
5、CM、PVなど
6、教育用アニメーション
7、短編アニメーション
第七章 海外のアニメーション
1、アメリカ
2、カナダ
3、西欧諸国
4、ロシアおよび東欧諸国
5、中国および韓国

主要参考文献
アニメーション略年表
索引


津堅 信之[ツガタ ノブユキ]
著・文・その他