平凡社新書<br> 和食は福井にあり―鯖街道からコシヒカリまで

個数:

平凡社新書
和食は福井にあり―鯖街道からコシヒカリまで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年01月25日 06時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 254p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784582857665
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0277

内容説明

自然や地形が変化に富む福井は、日本の縮図のような県。ここには日本の食文化も凝縮されている。鯖街道や北前船の伝統、越前がにや地方野菜などの豊かな海と山の幸、そして脈々と受け継がれる郷土料理と地産地消。この一冊で、和食の原点息づく“福井”を味わい尽くす!

目次

第1章 御食国・若狭の海幸と鯖街道
第2章 和食を支える「米」と「大豆」
第3章 和食の基本は海山里の新鮮美味
第4章 昆布ロードとだし文化
第5章 和食の贅沢をとことん楽しむ
第6章 現地で食べると、郷土料理はもっとうまい
第7章 精進料理、祭り料理の伝統
第8章 和食を支える伝統工芸と技術

著者等紹介

向笠千恵子[ムカサチエコ]
フードジャーナリスト、食文化研究家。東京・日本橋出身。慶應義塾大学卒業。本物の味や郷土料理、和食の現場を知る第一人者。生産者、民俗、歴史、食育などから現代の食文化をとらえる。内閣府と農林水産省の「ディスカバー農山漁村の宝」審査委員、「食アメニティコンテスト」審査会長、「本場の本物」審査専門委員。郷土料理伝承学校校長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

だし文化(昆布)、京へ魚を送るための加工技術、コシヒカリの発明、永平寺の精進料理など、和食の原点はすべて福井に詰まっている!

《目次》
まえがき 和食の原点がわかる「考福学」
人類の進化と料理/魚を煮た縄文土器/鳥浜貝塚の豊かな食生活
米の自給達成後の食/無形文化遺産「和食」/和食の危機的状況
和食は「ご飯、漬けもの、汁、おかず」/おいしさは「調味料」と「だし」
行事と食のおいしい関係/海と山の食の交流/和食文化は福井にあり
第1章 御食国・若狭の海幸と鯖街道
小鯛のささ漬け、若狭ぐじ、若狭かれい
都の食を支えた御食国/一塩、一干しの「若狭もの」/小鯛のささ漬けの繊細味
美味の最高峰、若狭ぐじ/“一塩”から生まれる美味
皇室に献上される若狭かれい/なにげない魚をうまく干す
地元で愛され、京都で珍重された鯖文化
「生き腐れ」の鯖の美味/山があるから海が育つ/食文化の道、鯖街道
「京は遠ても十八里」/鯖街道の熊川宿/鯖のぬか漬け、へしこ
へしこ名人、女将の会/発酵した美味、鯖のなれずし/大野市の半夏生鯖
勝山市北谷の鯖のなれずし/福井県のこだわり鯖文化
第2章