平凡社新書<br> エネルギーとコストのからくり

個数:

平凡社新書
エネルギーとコストのからくり

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年01月21日 04時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 198p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784582857276
  • NDC分類 501.6
  • Cコード C0244

内容説明

「石油は枯渇しないけど、使えなくなる!?」「日本は資源小国ではない」「大規模農業はできなくなる」などなど、エネルギーのコストパフォーマンスを知ることで今までわからなかった社会のしくみが見えてくる。

目次

序章 エネルギーをコストから考える
第1章 石油の歴史を知ろう
第2章 石油ピークって何だろう?
第3章 石油に代わるエネルギーは、今どうなっているの?
第4章 エネルギーの社会学
第5章 石油ピーク後の社会で生きるには

著者等紹介

大久保泰邦[オオクボヤスクニ]
1954年東京都生まれ。工学博士。NPO法人もったいない学会副会長。東京大学資源開発工学科卒業。通商産業省工業技術院地質調査所に入所、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、アジアの政府間機関COOP、経済産業省・産業技術総括調査官、政府間機関Group on Earth Observations(ジュネーブ)を経て、現在、産業技術総合研究所・地質分野研究企画室連携主幹。日本学術会議連携会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

まえがき

序章 エネルギーをコストから考える
Q?1 狩人の使うエネルギーと、獲ったウサギが持つエネルギーはどちらが大きい?──狩人とウサギの話
Q?2 リンゴはどこから採る?──リンゴの木の話
Q?3 エネルギーのコストってどうやって決まるの?

第1章 石油の歴史を知ろう
Q?4 石油価格はなぜ変動するのか?
Q?5 石油は昔からあったのになぜ使わなかったのか?
Q?6 産業革命はなぜ起きたのか?──ヨーロッパは昔から強国ではなかった
Q?7 なぜ石油が広まった?
Q?8 石油の単位のバレルって何?
Q?9 日本にも石炭があったのになぜ石油に替わったのか?
Q??10 日本は資源小国というが本当か?
Q?11 ヨーロッパは産油国だということを知っていましたか?
◆エネルギー略年表

第2章