平凡社新書<br> はじめての江戸川柳―「なるほど」と「ニヤリ」を楽しむ

個数:
  • ポイントキャンペーン

平凡社新書
はじめての江戸川柳―「なるほど」と「ニヤリ」を楽しむ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月08日 21時23分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 247p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784582856255
  • NDC分類 911.45

内容説明

人間の「ちょっといいところ」を巧みにとらえ、絶妙に表現したのが江戸川柳である。初々しい嫁や意地の悪い姑、気のいい道楽息子などに、「ニヤリ」としたり、「なるほど」と手を打ったり―。その楽しみは、江戸のことばや風俗、表現など、ちょっとした読み方を知ることで、大きく広がっていく。絶妙な「読み方指南」で、江戸の笑いがよみがえる。

目次

第1章 「江戸川柳」をご存じですか?
第2章 誰でもわかる面白い句
第3章 江戸川柳のスターたち
第4章 年中行事のなかの江戸っ子
第5章 江戸っ子の仕事ぶり
第6章 歴史と伝承を詠む―詠史句
第7章 江戸の別世界 吉原
第8章 破礼句「男女のこと」を笑い飛ばす
第9章 難句テスト30
第10章 江戸川柳について

著者紹介

小栗清吾[オグリセイゴ]
1939年岐阜県生まれ。名古屋大学法学部卒業。三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)勤務を経て、江戸川柳研究に専念。古川柳研究会会員。江戸川柳研究会事務局長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)