平凡社新書
オノマトペがあるから日本語は楽しい―擬音語・擬態語の豊かな世界

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 254p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784582854749
  • NDC分類 814

内容説明

もしも、オノマトペ(擬音語・擬態語)がなかったら…ビールの「ぐびぐび」という旨さも、憧れの人に会う「ドキドキ」も、どう表わせばいいのだろうか?生き生きした“感じ”が伝わるオノマトペは、実は『古事記』や『万葉集』にも登場している。オノマトペは日本語の「へそ」、日本人はその達人なのだ。“感じる”言葉を探ってみたら、日本語が、日本人がもっと面白くなる。

目次

第1章 創って遊べるオノマトペ(新オノマトペ「ダズーン」;未知の言葉を推測する ほか)
第2章 愛でる・感じるオノマトペ(ゴルゴ13、「シュボッ」の謎を追う;最初は違っていた ほか)
第3章 オノマトペのある暮し(食べるオノマトペ;カキフライをかみつぶす ほか)
第4章 オノマトペは歴史とともに(最も古いオノマトペ;『古事記』の表記方法 ほか)
第5章 オノマトペの果たす役割(「なごみ」のオノマトペ;しぐさとセットで ほか)

著者紹介

小野正弘[オノマサヒロ]
1958年岩手県一関市生まれ。東北大学大学院文学研究科国語学専攻所要単位取得済中途退学。専門は国語史(語彙・文字)。鶴見大学文学部教授を経て、明治大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)