平凡社新書<br> 死を想う―われらも終には仏なり

電子版価格 ¥792
  • 電書あり

平凡社新書
死を想う―われらも終には仏なり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 211p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784582853711
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0291

内容説明

寝たきりの母を持つ詩人は、死とはどういうものか知りたかった。他の人にあけすけに聞けない、「でも石牟礼さんなら」。これまで多くの苦しみと死を見つめてきた作家は、切実なことをぐさりと言われたような気がした。こうして十二月の穏やかな日、二人は語りはじめた。老いと病、介護・看護、家族の死、さらには『梁塵秘抄』。そして「いつかは浄土へ」という祈りに至る安らぎの対話。

目次

第1章 飢えと空襲の中で見たもの(パーキンソン症候群―読めなくなる、書けなくなる;声が出なくなるかもしれない ほか)
第2章 印象に残っている死とは(祖母の死;あの世は「良か所」 ほか)
第3章 それぞれの「願い」(『あやとりの記』―流々草花;お経はどこで習いましたか ほか)
第4章 いつかは浄土へ参るべき(『梁塵秘抄』を飛び飛びに読む;「我等も終には仏なり」 ほか)

著者等紹介

石牟礼道子[イシムレミチコ]
1927年熊本県生まれ。作家・詩人。『苦海浄土』(現・講談社文庫)で1970年に大宅壮一賞に選ばれるが受賞を辞退。73年マグサイサイ賞、93年『十六夜橋』(現・ちくま文庫)で紫式部文学賞、2001年度朝日賞、『はにかみの国 石牟礼道子全詩集』(石風社)で02年度芸術選奨文部科学大臣賞を受賞

伊藤比呂美[イトウヒロミ]
1955年東京都生まれ。詩人・作家。1999年『ラニーニャ』(新潮社)で野間文芸新人賞、2006年『河原荒草』(思潮社)で高見順賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

寛生

46
【図書館】あまりにも均衡がとれていない対話だという印象を拭えない。それでも、誠実に応対していく石牟の「やわらかいいのち」が香を放つ。痛々しい生を全うしていく石牟。自分が可愛がられ、弟に申し訳ないという気持ち。弟が亡くなったとき、これで楽になったと想う石牟。涙を流しながら生きていく石牟は巫女のように祈り、願い、歌をよむ。食を求めて家に訪ねてくる人たちを石牟の母は仏様かもしれないと、決して裕福でもない家から、貧しい仏たちに合掌をし、お辞儀をして、米を分け与えていく。石牟のコトバが舞う。2014/05/12

14番目の月

19
親が老いて死の足音が聞こえてくるとき皆自身の死も考えるのだなあと思った。 眠るように死ねたらどんなに楽だろう。 体中が思うように動かせず、何の楽しみもなく、ただただ一日を過ごすだけの死を待つだけの一日を過ごす事になるのだろうか、 この世に心残りがない生活を送りたいと思ってはいるが、死を迎える最後を満足に過ごせるかはまったくわからないですね。 2015/01/13

秋 眉雄

15
石牟礼「散らばるというよりか、私はどっかの葦の葉っぱかなんかに、ちょっと腰掛けていたいような気がする(笑)。」伊藤「それが死?散らばって腰掛けている状態ですか。」石牟礼「そうですね、風にそよいで、草の葉っぱかなんかにね。」/石牟礼道子さん・平成30年2月10日逝去。2018/02/25

還暦院erk

4
図書館本。こういう本は、わたしの場合、余命が見えてきてからは手にすることが出来ないだろうなあと思った。『梁塵秘抄』は本当に唱えたくなる古典の一つだ…『日本霊異記』も面白そう。ところで、石牟礼さんと伊藤さんの会話が所々かみあってないのは何故だろう。対談編集の段階で齟齬を削ったりしてない、もしくは編集したからかえってそうなっちゃった?2016/02/16

午後

1
「このからだそらのみぢんにちらばれ」、石牟礼道子の中に息づく、アニミズム的な感覚の深さに、畏れのようなものを感じた。伊藤比呂美にも言えることだけど千年も前の言葉を、共鳴するみたいにすっと読み込んでいるのがすごい。自然とか、死とか、生きることの根本にあるなにかが、今の若者である自分とまるっきりちがって驚く。2018/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/122964

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。