言葉の国イランと私―世界一お喋り上手な人たち

個数:
電子版価格 ¥2,160
  • 電書あり

言葉の国イランと私―世界一お喋り上手な人たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年06月19日 06時02分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 260p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784582838008
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

ペルシアの声と文字に魅せられて、日本と正反対にみえる文化を持つ人々と心をつなぐ―ペルシア文学研究第一人者の体験エッセイ。

目次

イランと私(砂漠と出会う;私って誰? ほか)
留学の記(一年目 サラーム;二年目 陶酔境 ほか)
今のイランいつものイラン(イランは今;イラン人の衣食住)
ペルシアの箴言・イスラームの知恵

著者等紹介

岡田恵美子[オカダエミコ]
テヘラン大学文学部博士課程修了。文学博士。東京外国語大学教授、中央大学総合政策学部教授を経て、現在、日本イラン文化交流協会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

半世紀前、国王に送った一通の手紙によりイランに留学、日本のペルシア文学研究を大きく進展させてきた女性研究者が、言葉の国イランの、当時と今、その文化の魅力を語る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件