平凡社ライブラリー<br> ジェンダーと歴史学 (増補新版)

平凡社ライブラリー
ジェンダーと歴史学 (増補新版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 535p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784582765168
  • NDC分類 201
  • Cコード C0320

内容説明

ジェンダーは、女を歴史の周縁から中心へと転位させる批判的概念であった。しかし、その限界が見え始めたいま、あらためてジェンダーと歴史を再考する増補新版。

目次

第1部 フェミニズム歴史学に向けて(女性史について;ジェンダー―歴史分析の有効なカテゴリーとして)
第2部 ジェンダーと階級(言語・ジェンダー・労働者階級の歴史;『イングランド労働者階級の形成』のなかの女たち)
第3部 歴史のなかのジェンダー(男にとっての労働、女にとっての労働―一八四八年のパリ衣料産業における労働と家族をめぐる政治;統計は労働をどう描いたか―『パリ産業統計一八四七‐四八年』 ほか)
第4部 平等と差異(シアーズ裁判;アメリカの女性歴史家たち―一八八四‐一九八四年 ほか)

著者等紹介

スコット,ジョーン・W.[スコット,ジョーンW.][Scott,Joan Wallach]
1941年、ニューヨークのブルックリンに生まれる。現在、プリンストン高等教育研究所社会科学教授。専門は女性史。著書に、『カルモーのガラス工』(H.B.アダムス賞受賞)などがある

荻野美穂[オギノミホ]
1945年生まれ。現在、大阪大学大学院文学研究科助教授。専門は女性史
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒナコ

2
ジェンダーとは性について語る知であるというフェミニズムの構築主義の論理の実践を歴史分析、歴史学分析分野で試みた歴史書であり、フェミニズムの理論書。 女性にあてがわれた差異を女性史として実証的に認識することによって、女性史家の意図とは逆に、女性の不平等の根拠になってしまうという論理は目から鱗が落ちることうけあい。女性史を実態的女性の歴史とみるのではなくて、女性が排除、構築された過程と書き直し、歴史的に排除された結果としての女性を根拠にするのではなく、排除そのものを批判する脱構築的作業が必要とスコットは説く。2017/02/06

2
学校で教えられる知の体系に女性がほとんど出てこないことに疑義を付した作者による「ジェンダー学」書。教育における知の枠組みは男性の視点で構築されており、「客観的」とされた歴史学も、実際は「男性の主観的」であると著者は主張する。そのため「ジェンダー」の概念を「性別を文化的に構築されたもの」ととらえ、公的な権力関係の男女区分を見直す提案をする。出版から20年経った現代でも男女平等を謳ってはいても、伝統的な男女の区分は色濃く残っている。しかし、その一方でフェミニズムに基づいた新たな社会秩序も生まれている。2011/01/31

陽香

1
199205152017/05/24

吉田 直道

1
ジェンダーという言葉は、男女の性差は生物学による固定的なものではなく、社会的・文化的に付与されたもので可変的であるという意味があると著者は説明している。この考え方によると、女性は意図せず疎外されてきたことになるというのが、この本の基本的な考え方である。私はこのような視点で男女差を考えたことが無かったので刺激的ではあったが、この本は増補新番でさえ10年前に出版されたもので、現在ではどのような議論になっているのかが分からないので、他の本でも追っていこうと思う。2014/10/18

一分前

0
同一の平等ではなく差異の平等、という提起。差異のジレンマを乗り越えるためには。とった提言がとても心に残った。堅実な歴史検証作業とはっとさせられるような提案にすばらしさを感じた。本当に良かった2015/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/213340

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。