平凡社ライブラリー<br> 増補 漱石論集成 (増補)

平凡社ライブラリー
増補 漱石論集成 (増補)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 575p/高さ 17cm
  • 商品コード 9784582764024
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0395

内容説明

「マルクスを読むように、わたしは漱石を読んできた」と著者自ら語っているように、夏目漱石という作家は、思想家柄谷行人にとってつねに思考の導きの糸であり、こらからもそうであり続ける。漱石論の原点ともいえる「意識と自然」(一九六九年)から、単行本未収録の「詩と死」「漱石のアレゴリー」までを、この一冊に集成。

目次

漱石試論1(意識と自然;内側から見た生 ほか)
漱石試論2(漱石とジャンル;漱石と「文」)
漱石試論3(詩と死―子規から漱石へ;漱石のアレゴリー)
作品解説(『門』;『草枕』 ほか)
講演その他(漱石の多様性;漱石の構造 ほか)
断片

著者等紹介

柄谷行人[カラタニコウジン]
1941年、兵庫県尼崎生まれ。東京大学経済学部卒業、同大学大学院英文学修士課程修了。漱石論「意識と自然」で第12回群像新人文学賞受賞。近畿大学教授、コロンビア大学比較文学科教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。