平凡社ライブラリー<br> 言語と妄想―危機意識の病理

  • ポイントキャンペーン

平凡社ライブラリー
言語と妄想―危機意識の病理

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 380p/高さ 17cm
  • 商品コード 9784582760378
  • NDC分類 493.7

内容説明

20世紀文化のうちに緩慢に、だが着実に進行しつつある人間精神の危機―。それを予感していたカフカ、ポー等の創作活動を病跡学的に分析するとともに、狂気と創造・言語という視点から現代社会の危機意識の構造を明らかにする。

目次

1 時代精神の病理(現代文化の精神病理;怪異体験の構造;日本語と言語危機;危機としての神経症;人間の死と解体)
2 創造者の病理(カフカと妄想;アリス・キャロル・ドジソン;上田秋成;ポーの宇宙;ダリ―そのマニエールとマニエリスム;カミーユ・クローデルとロダン;分裂病と創造性)
3 空間と言語の病理(空間と空間的思考;言語危機の病理;言語と妄想;妄想と言語)