平凡社ライブラリー<br> オリエンタリズム〈上〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

平凡社ライブラリー
オリエンタリズム〈上〉

  • 提携先に22冊在庫がございます。(2021年09月23日 23時31分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 456p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784582760118
  • NDC分類 220
  • Cコード C0322

出版社内容情報

ヨーロッパのオリエントに対するものの見方・考え方に連綿と受け継がれてきた思考様式――その構造と機能を分析するとともに、厳しく批判した問題提起の書。解説=杉田英明

目次

第1章 オリエンタリズムの領域(東洋人を知る;心象地理とその諸表象―オリエントのオリエント化;プロジェクト;危機)
第2章 オリエンタリズムの構成と再構成(再設定された境界線・再定義された問題・世俗化された宗教;シルヴェストル・ド・サシとエルネスト・ルナン―合理主義的人類学と文献学実験室;オリエント存住とオリエントに関する学識―語彙記述と想像力とが必要とするもの;巡礼者と巡礼行―イギリス人とフランス人)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

獺祭魚の食客@鯨鯢

59
「オリエンタリズム」は西洋人の幻想的東洋趣味を言います。ステレオタイプのイメージは消えにくい。現代では観光客相手にしか着ない民族衣裳を普段から着ていると思い込む人もいる。  それは白人が持つ異国情緒だけでなくある意味で有色人種への優越意識(侮蔑感)を伴っています。  世界宗教は民族宗教が普遍化したものですが、民族ごとに宗派に分裂しました。異邦人は忌み嫌う存在ですが、コロナウイルスは「その意味で」とても文明的です。  異教徒を排除しようとする戒律は無用な摩擦を避けるため棲み分けるための後知恵かもしれません。2020/07/18

ころこ

46
オリエンタリズムとは、称揚と蔑視として二重に表象される欧米中心主義をまさにその視線の同じシニフィアンを今度はアイロニカルに使うことにより、被支配からの批判を可能にしたということでしょうか。まずこれをマイノリティの反撃に使えるのは、アメリカで起こっていることをみれば明らかです。他方で、オリエンタリズムとして使われている言葉でさえも近代=西洋であることに注意しなければなりません。言語は異なったとしても、近代=西洋の考え方はその他言語にも及んでおり、全く近代と異なったパラダイムで表象できるわけではないということ2021/07/18

A.T

26
気になっていた中東関連の積読本をやっと読む。中東情勢の解説とは全く違っていた… 18世紀のナポレオンのエジプト、シリアへの遠征から始まったフランスによる植民地支配と同時に追及されてきた東方についての語学、文献を学問的に打ち立てたのがオリエンタリズム、だと。そこにはエジプト人もシリア人も中東の学者なんて1人も介さず、勝手にフランス人が中東を定義する支配、奴隷の関係が見てとれる。タリバンが旧時代的な価値観で存在するのもそのはずだと思う。西方から完全に無視されてきたのだから…2021/09/12

白義

23
西洋がいかにご都合主義的に幻想の東洋を作ってきたかという本なんだけど、もっと言えば、学問や文学みたいな知と、政治的権力がいかに結び付き自他のイメージを作り出すかという、そういう編制自体を解剖し、批判した本なんだよね。おぞましい他者としてのオリエントから統治してあげるべき従属者としてのオリエント、そして図鑑に並べられ、あるいはロマン主義的に過度に幻想されるオリエント、そうしたオリエンタリズムの諸相は全ての文化、カルチャー評論に実は付きまとう物事なのだ2012/10/17

chanvesa

19
渡辺京二さんの『逝きし世の面影』の中で批判されていた本書が気になり十数年ぶりに読む。オリエンタリズムという手法は、支配する側/される側の構図を文化の観点から暴露できるという利点をもたらした気がする。名付け(129頁)、オリエント的とレッテルを貼り(379頁の「想像上の博物館」)、知識として消化することによる支配は今でも有効なんだろうか?西洋は東洋/オリエントを支配し続けているとは思えない。この批判的手法をひっくり返して秩序の価値を見出だすことはできないのか。たぶん下巻も上巻と調子が変わらないので難しいか。2014/06/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/539489

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。