アルチュセール ある連結の哲学

電子版価格 ¥3,740
  • 電書あり

アルチュセール ある連結の哲学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 335p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784582702897
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C0010

内容説明

哲学者は何をどこまで思考したのか。歴史の構造ではなく“状況の理論”をこそ追求しつづけた曲折の全域を探査し、歴史の特異点に向けて、“はじまり”のために空虚をこじ開け、理論と実践、哲学と政治の連結と差異を消尽点にまで追いつめ、マルクス主義の境まで越えてなお、“現時点”に理論的に介入する、その思考の振舞いをこそ手に入れる。第一人者による待望のアルチュセール論。

目次

第1章 状況conjonctureの理論(一九六七年;ある誤解と失敗―モンテスキューとマキァヴェッリ ほか)
第2章 主体の論理(なにが不在であるのか?;イデオロギーのほうへ ほか)
第3章 政治とはなにか、哲学とはなにか(哲学の“対象”としての状況/政治;連結から二重化へ―「哲学的治療」の技術 ほか)
第4章 最後の“切断”(状況の理論としての出会いの唯物論;哲学においてマルクス主義者であること ほか)

著者等紹介

市田良彦[イチダヨシヒコ]
1957年生まれ。京都大学大学院経済学研究科修了。現在、神戸大学国際文化学研究科教授。専攻、社会思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。