開かれ―人間と動物

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 208p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784582702491
  • NDC分類 104
  • Cコード C0010

出版社内容情報

★本書は『書評空間 KINOKUNIYA BOOKLOG』にエントリーされています。

内容説明

人間と動物が交錯する未決定な「例外状態」の閾を、バタイユのアセファルから、コジェーヴのスノッブ、ユクスキュルのダニ、ハイデガーの倦怠へと縦横無尽に描き出す、生政治の超克と人類学機械の停止へむけた壮大な系譜学。

目次

動物人
無頭人
スノッブ
分接の秘儀
至福者たちの生理学
経験的認識
分類学
序列なし
人類学機械
環境世界
ダニ
世界の窮乏
開かれ
深き倦怠
世界と大地
動物化
人類創生
あいだ
無為
存在の外で

著者等紹介

アガンベン,ジョルジョ[アガンベン,ジョルジョ][Agamben,Giorgio]
1942年生。パリ国際哲学学院、ヴェローナ大学などを経て、現在ヴェネツィア大学教授。哲学・美学

岡田温司[オカダアツシ]
1954年生。京都大学大学院教授。西洋美術史

多賀健太郎[タガケンタロウ]
1974年生。大阪大学大学院博士課程在籍。哲学
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。