太陽レクチャー・ブック
ミュージアムの仕事

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 135p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784582630701
  • NDC分類 069.3
  • Cコード C0000

内容説明

話題の企画展はどう発想され、実現されるのか?美術は世の中に必要なものという信念のもとにアート・シーンを牽引する仕掛け人たちの熱い言葉を満載。裏方であり“表現者”でもある仕事の魅力に迫った。

目次

森美術館
川崎市市民ミュージアム
板橋区立美術館
東京藝術大学大学美術館
金沢21世紀美術館
国立国際美術館
01 写真とデザインの分野を開拓する―「写真について考える仕事をしたい、というモチベーションが先にあった」
02 美術で地域を元気にする方法―「直接、社会と関わりながら、美術の仕事がしたかったんです」
03 対話型の鑑賞法を極める―「人と絵をつなぐ、美術館という“場”に惹かれています」
04 既成の概念を覆す企画展の発想―「あるモノをどう見せるか、常に切り口を探していますね」
05 美術館は“何でもあり”―「学究肌から現場人間まで、いろんな学芸員がほしい」
06 フリー・キュレーターから都市大型美術館館長へ―「キュレーションは表現です。自己実現できるところに意義がある」〔ほか〕