球技の誕生―人はなぜスポーツをするのか

個数:

球技の誕生―人はなぜスポーツをするのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月18日 19時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 335p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784582627039
  • NDC分類 783.023
  • Cコード C0075

内容説明

スポーツのなかでも中心的位置を占める球技=ボールスポーツ。近代スポーツ発祥の地イギリス、そしてヨーロッパ全域にわたって、その誕生と発展の歴史をたどり、わかりやすく解説。サッカー、ラグビー、テニスなど人気競技からマイナースポーツの紹介まで、「球技に見るスポーツの魅力」を存分に語る。

目次

第1部 グローバル・スポーツの誕生(サッカーとラグビー;歴史的和解?;「ボールはやさしく打ちなさい」)
第2部 人はなぜスポーツをするのか(イングランド;バスク地方(スペイン北東部及びフランス南西部)
オランダ・フリーズラント州
ベルギーと北フランス
アイルランド
連合王国としての英国)
第3部 ヨーロッパ球戯考(二つの系図;ハンドボール考;フットボール考;打球戯考;新たな系図)
第4部 近代化の歴史的特質とは何か(ヨーロッパ球戯史の謎;スポーツの近代化と英国)

著者紹介

松井良明[マツイヨシアキ]
1964年生まれ。奈良教育大学大学院教育学研究科修士課程修了。体育科学博士(日本体育大学大学院)。現在、奈良工業高等専門学校教授(2010年~)。専攻、スポーツ史・スポーツ文化論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

近代スポーツの母国イギリス、そしてヨーロッパ全域の球技の歴史とプレースタイルを詳説し、「スポーツを楽しむこと」の淵源に迫る。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件