いい家をつくるために、考えなければならないこと―“住まい塾”からの提言

個数:
電子版価格 ¥1,555
  • 電書あり

いい家をつくるために、考えなければならないこと―“住まい塾”からの提言

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2019年01月16日 12時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784582544640
  • NDC分類 527
  • Cコード C0052

内容説明

誰もが“いい家”を望んだはずなのに、なぜ、多くの人が家づくりに失敗し、これほどまでに魅力のある家が建たないのか。骨太な梁や柱による、がっしりとした骨組み、床や天井に配された木目の美しい無垢材、天然の土や顔料を用いた風合いある左官壁―細部にまで職人の手技が行き届いた住宅を700棟以上も手掛けた建築家が明かす、満足のいく家を建てるための方法。情報過多のなか、家を求める多くの人が、「知らなくていいことを多く知り、知るべきことをあまりにも知らない」という現実に、一石を投じる。

目次

第1章 いい家のために、まず考える
第2章 建設コストの考え方
第3章 設計者の二つの役割
第4章 住宅の構造(骨組)について
第5章 現代の住宅素材を考える
第6章 情報に流されない眼を養う
第7章 メンテナンスの大切さと保証制度
第8章 空間について考える
第9章 なぜ家をつくるのか
終章 住まい塾の家づくり

著者等紹介

高橋修一[タカハシシュウイチ]
1947年、秋田県湯沢市に生まれる。“住まい塾”代表。東京理科大学工学部建築学科卒業。同大学建築学科助手を経て、73年から白井晟一研究所。83年に“住まい塾”を立ち上げる。設計者・施工者・建主の共感関係をベースとした家づくり活動を展開。これまでに手掛けた住宅は700棟を超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

どうすれば満足のいく家が建てられるのか? 伝統構法で700棟の家を作った建築家が明かす、「家づくり」と「暮らし」の極意。

高橋 修一[タカハシ シュウイチ]
著・文・その他