中世から近世へ<br> 北条氏康の妻 瑞渓院―政略結婚からみる戦国大名

個数:
電子版価格 ¥1,496
  • 電書あり

中世から近世へ
北条氏康の妻 瑞渓院―政略結婚からみる戦国大名

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 290p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784582477368
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0021

出版社内容情報

名門今川家の出にして、関東最大の戦国大名・北条氏康の正妻。彼女を中心とした婚姻関係が北条家の動向に及ぼした影響をたどる。

内容説明

大名家の正妻の在り方を問い直す。名門今川家で寿桂尼の子として生まれ、北条氏康に嫁いだ女性。その生い立ちは、関東最大の大名北条家の歩みにどう影響をしたのか。当主中心の歴史とは異なる視点から、戦国大名家の具体像に迫る。

目次

はじめに 合戦や外交だけでは見えない大名家の実像
第1章 実家・今川家の人びと(名家・今川家の生まれ;クーデターで今川家当主となった父・今川氏親 ほか)
第2章 夫・氏康と子どもたち(北条氏康に嫁ぐ;北条家は今川家と同等になる ほか)
第3章 北条と今川の狭間で(今川氏輝・彦五郎の急死;「花蔵の乱」の勃発 ほか)
第4章 北条家の御前様(御前様として;相次ぐ子どもたちの婚儀 ほか)
第5章 子どもたちとの別れ(御太方様になる;早川殿との別離 ほか)

著者等紹介

黒田基樹[クロダモトキ]
1965年東京都生まれ。早稲田大学教育学部社会科地理歴史専修卒業。博士(日本史学)。専門は日本中世史。駿河台大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

15
今川氏親と寿桂尼の娘さんで、氏康の妻ということで、今川家と北條家における彼女の血縁の人々のさっくりした説明と今川と北條が滅びに向かう流れと。70歳を越えて、小田原開城の2週間ほど前に氏政の継室の鳳翔院と共に自害したということは知ってたのだけれど、波瀾万丈の生涯に改めてお疲れさまでしたと頭を垂れる。娘さんの早川殿と氏真坊ちゃまによってつながった今川と北條の血が奇跡みたいなもののように思えてくるんだよね…。氏政の継室の鳳翔院について長らく知りたいなあと思ってるんだけど、やっぱりまだ資料は見つかってないみたい。2018/04/08

getsuki

12
瑞渓院の生涯を通して、当時の婚姻関係や正室の役割とは何かを紐解く一冊。当時嫡出子と庶子には厳然とした身分差があり、婚姻先の身分によっては正室の養子になることで身分差を埋めていたというのが興味深い。また史料や書簡を通して北条、今川、武田の係争と同盟、破綻までの経緯も分かるようになっていて面白い。2018/04/24

珈琲好き

9
めちゃめちゃマイナーなテーマかと思ったら、戦国大名の家格への拘りや婚姻政策、北条と今川の通史について知れた。さすが安心安全の黒田基樹クオリティ。/室町幕府の官職に拘ったり、没落した今川氏真を丁重に扱ったりと、戦国大名というのはゲームと違って名文を重んじるんだな。/しかし京都時代に氏真に家康が仕送りをしていたというのはなんでなんだろ。面倒見良すぎでは。2018/01/10

BIN

4
北条氏康の妻、瑞渓院自体は資料にあまり残されていないので、瑞渓院が生きた時代で今川家と北条家の親族たちの動向や黒田さんの考えなどが書かれてます。義元の武田との同盟(河東一乱)や信玄の駿河征伐で氏康がブチギレたのは彼らの誤算だった説は面白い。寿桂尼と合わせて女達の繫がりが影響し、歴史を動かしているのが見えてきました。子供に氏親、氏照(=氏輝)と瑞渓院の父や兄の名をつけていたとは気づかなかった。北条家について黒田本とかでよく知っている人にはより興味深く感じられる本だなと思いました。2020/09/22

kawasaki

4
瑞渓院を中心として、北条・今川関係やその成員のプロフィールが描き出されるのだけれども、戦国大名の家における女性・結婚・家族のありかたなど、この数年の戦国史研究の進展に目を見張る。関連する本などをいろいろ読みたい。2018/09/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12437081

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。