現代保育学入門―子どもの発達と保育の原理を理解するために (改訂新版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 307p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784577812679
  • NDC分類 376.1
  • Cコード C3037

内容説明

平成21年4月実施の「保育所保育指針」「幼稚園教育要領」に完全対応!最新の「保育の動向」がわかる「保育学」の決定版!「保育の基本」から「保育の全体」を捉え、好評だった『New現代保育学入門』が、最新情報を取り入れた内容になり、さらに使いやすくなりました。「保育学」を学ぶ“道標”として、保育現場はもちろん、テキスト・補助教材にも大いに活用できます。

目次

第1章 子どもと出会うということ
第2章 子育てにおける家庭・社会の役割
第3章 家族・家庭のあり方と保育サポート
第4章 保育者になるということ
第5章 日本の幼稚園・保育所の歩み
第6章 「育つ」と「育てる」のあいだ
第7章 子ども中心の生活をつくる保育
第8章 保育の見通しを立てるということ
第9章 先人が保育・教育について考えたこと
第10章 21世紀の保育の創造と保育の課題

著者等紹介

諏訪きぬ[スワキヌ]
明星大学人文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。